FC2ブログ

ちょー!ガンプラブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MG シナンジュ 仮組み1

金曜から日曜の楽しいはずが辛い(身体的に)日々も過ぎ去り、やっと落ち着いて製作ができる状況になりました。
とは言っても正月明けまで塗装環境が使えないので、ウイングガンダムは嫌も応もなく停止せざるを得ないのです。
こうして神の導きとも思える状況のもと、MGシナンジュ、製作開始です!
どうか地獄への導きでありませんように・・・

で、結論から言いますと。結構地獄寄りな気がしてます。
まずは説明書見ながら部位ごとに部品切り出しをしたわけですが、やっぱりパーツ点数は結構なボリュームです。正直ゲート処理だけで気が遠くなりそうだったり。
ただ、方々のキットプレビューでも言われてる?ように、部品の配置は非常に親切ですね。本当に部位ごとにランナー分割してあるくらいの感じで、その部位の色数=必要なランナー数って印象です。
こういった、地味だけど製作が楽になる改善は大歓迎ですね。今後のキットでも是非実現して欲しい物です。

さて、話を戻すと。
まずは写真にあるバックパックを組み上げました。説明書見ながら、と言ったわりには完全に順序無視です。(バックパックは説明書のほぼ最後)
ほら、シナンジュと言えばジオン紋章とかの金モールに次いで特徴とされるのは、作中で「大天使の羽根」とも表現される背部スラスターじゃないですか。まずはそれがどんなもんかな、と。
まあパーツ切り出してる時点である程度予想はついてましたが、かなり大きいです。横に写ってるデザインナイフと比較してもらえると分かりやすいかと思います。
しかし大きいだけでなく、可動、ギミックともなかなか良好な予感。

でも、組んでる最中に気になったのがパーティングライン。
結構パーツの真ん中とかにナイフで削るレベルのものが散見されるんですよね。印象としてはユニコーン、ケンプファーよりかなりキツい感じです。やっぱり部品が大きかったり円筒形だったりすると出来やすいんですかね?
なので、今回は少々表面処理もしながら組んでます。まああとでどのみちサフ→表面処理はする予定なんですが、その段階ではならし程度にできたら、と思いまして。
と言うかですね、今までパーティングラインでは結構失敗してきたんですよ。目立たないと思って、または途中で気が付いてたけど表面処理までほっといたら結局処理し忘れて、って感じで。
そう、今こそ教訓を生かす時なのです!

などという面倒臭いことをやってたら、バックパック組み上げるだけで半日かかりましたorz
まあ表面処理以外にもちょっとした加工はしてたんですが。
その加工というのは、羽根の先端の先鋭化です。羽根パーツがプラ板の厚み丸出しで、野暮ったいというかおもちゃっぽさ全開だったんですよ。で、裏地側をナイフ&ペーパーで削って尖らせました。
結果として、見栄えが結構よくなりました。あとは各エッジ部に同じ処理をするかどうかなんですが・・・
まあ手数は増えますがやってみることにします。完成度重視で!

それにしても、ネット上ではもう既に全塗装の作例とかもアップされてますね。一体どういう生活、もとい製作効率でやったらそんなことができるんでしょうか・・・皮肉とかでなくコツを教えてもらいたいものです。
ちなみに私の場合、木曜に買ってから今日まで全力で作ってたとしても、まだ半分程度しか出来てない自信があります。
そんなわけで今回も気長にお付き合いくださいm(_ _)m

コメント

私も思います・・・・
いったいみんなどんだけ早く作ってんだよ!って感じです・・
私も正月気長に作ろうと思ってます(笑)
頑張ってください!

  • 2008/12/29(月) 23:43:00 |
  • URL |
  • 通りすがり #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

こんばんわ。
励ましの言葉、ありがとうございます。
やっぱりそう思いますよね~。
でもお互い焦らずじっくり作りましょう!
それだけ楽しみが長続きすると考えて・・・

  • 2008/12/30(火) 19:30:00 |
  • URL |
  • chou-gp #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | 

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。