FC2ブログ

ちょー!ガンプラブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC デンドロビウム いろいろ加工中6

20120511241422384.jpg気付いたら連休も終わって、どころか5月上旬も過ぎ去ってしまいましたね。
連休中に各所の加工を終え、明けてからは表面処理に専念する算段だったのですが・・・なんかもう全然終わってないです。
しかも今月はどうにも雲行きが怪しかったりします。
平日はもとより、週末もろくに作業ができなさそうな気が。

まあうだうだ言ってても仕方がないので本題行きましょう。

写真は前回も紹介した本体後部上方のパーツですが、形状の作り込みは一通り終わった感じです。
中央パーツと左右パーツとの構成および加工内容は前回書いた通りで、今回は右側についても同じ加工を行いました。
それと中央パーツですが、ここは真ん中にプラ板を貼って、組み上げ時に残る穴、バーニア基部パーツとの間にできる隙間等が埋まるようにしました。
どちらもまだまだプラ板同士の段差があったりするので、パテ盛ったり削ったりでキレイにしてあげなきゃなりません。

また、左右のパーツについては、中央パーツに食い込む最後尾部分にパテを盛ってブロック状にしました。
こうすることで中央パーツ上部に貼ったプラ板の裏にカッチリ差し込む形になったので、組み上げ時の安定感が増しました。
まあこの安定感は副産物みたいなもので、当初の目的である「プラ感丸出しの解消」も達成しています。

これにて後部周りは加工完了のはずですね。
あとで一回軽く組んで見落としがないかチェックしないとですが。

さて、現状認識している範囲での加工すべき箇所は、残すところ2点です。

1点はメガ・ビーム砲本体部分の上方に組み付けるパーツです。
これはアーチ状のパーツなんですが、裏側がスッカスカなのでプラ板でフタをして見栄えを良くします。

もう1箇所は本体前方左右下部、クロー・アームの上に位置する部分です。
ここはクロー真上の開口部から中が丸見えなんですね。ここもちょっと奥まった所をプラ板で塞いだうえで、適当に誤魔化しを入れるつもりです。

というか書いてて思ったんですが、連休中にこれだけの作業を終えるのはやっぱり無理でしたね。
まあ完全にデンドロに専念してれば出来たかもですが・・・

今後ですが、冒頭に書いたように今月はいつにも増して手が進まなそうですので、更新間隔はきっと開いてしまいます。
もはや常套句ですが、気長にお付き合いいただければ幸いです。
ではまた次回!
スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

 | 

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。