FC2ブログ

ちょー!ガンプラブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC デンドロビウム いろいろ加工中3

100926_1818~01ご無沙汰しておりました。
なんだかんだで1ヶ月も更新をお休みしてしまいました。

で、その期間の成果ですが、作業時間が取れない&手が遅い&デンドロやること多過ぎの3連コンボで実質あまり進んでいません。
一応ウェポンコンテナ(右)の部品を色々加工中です。

まずは前面ハッチの表面ヒケ処理をやりました。
結構ハデなヒケがあったのですが、表面にモールドがほとんどないので原型であるディテールを崩さないように瞬着→ペーパーでならしをするだけですので、まだしも楽でした。
問題は裏面です。モールドというよりディテールというべき凹凸の激しいパーツのところどころに、円形のバリ?というんでしょうか、要は成型の跡があるので、これも処理しなきゃいけないのが面倒です。
いっそスルーしようかとも思ったのですが、看過するには少々目立ち過ぎるんですよね。

他には写真左下に写っているような、肉抜き穴の処理なんかをしています。

上の白いパーツは前面ハッチ開閉の支柱になるパーツなのですが、保持力確保のためキツめの可動になっているのに対してパーツが脆そうだったので、中に瞬着を充填して強度を確保しました。
組めば見えなくなるので本当に適当に充填しただけです。

下の円筒パーツはウェポンコンテナから引き出し可能なラック?の支柱にあたるパーツですが、これも大胆に肉抜き穴があったので、埋め→表面を整えました。
正直普段見えないからいい気もするんですが、一応処理しとくかと思ったら結構手間がかかってしまったり。

実はこの作業の際、新ツールを導入してみました。まあ例のムックの受け売りなんですけど。
何かと言うと、電動ドリルです。ちょうどホームセンターオリジナルの品が3000円程度で買えたのでラッキーでした。
先端に例のシャフトパーツを挟んで、ペーパーを当てながらゆっくり回転させると、これがうまい具合にヤスリがけができるんですね。
写真には写ってませんが、バーニアパーツのゲート&表面処理にもかなり有効です。
こういった丸くて小さいパーツの処理は正直苦手だったので、今後も結構役立つんじゃないかと思います!

主な作業内容とか新要素はこのくらいでしょうか。
右上のマイクロミサイルパーツの目消し&表面処理なんかもやってはいるんですけどね。

しかし、ウェポンコンテナ(左)で同じ作業を一通りやる必要があるという事実に今から戦々恐々ですが・・・
まあその頃には今よりはきっと要領を得て作業効率も上がっていることでしょう。そうなってて欲しい。

ではまた次回。
スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

 | 

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。