FC2ブログ

ちょー!ガンプラブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MG ウイングアーリー トップコート&組み上げ1

100530_2225~01いやー、まいりました。
久々に風邪はこじらせると辛いものだということを体感させられました。
詳細は書いてもしょうがないので割愛しますが、体調含め土曜まで全然作業が出来ない状態でした。

で、今回はデカール貼りをすっ飛ばして、トップコート→組み上げに入ってしまいました。
とは言っても、デカールを貼る必要のないパーツだけを対象としてのことです。
ああ、作業順序に特に深い意味はありません。単に体調&気分的にデカール貼りは無理かなーと思っただけです。

トップコートは予告?通りつや消しクリアを使用しています。
ガイアカラーのExつや消しクリアに、さらに少々のフラットベースを加えて強めのつや消しにしてみました。
今回の写真では詳細はわからないと思いますが、いずれギャラリーにて確認いただければと。

とりあえず、頭部はほぼ形になりました。腕と脚もどの部位かはっきり分かるレベルまでは来てます。
やっぱりこうして完成形が見えてくるとモチベーションが上がってきますね。
このモチベーションを保ってデカール貼りをとっとと完了させてしまいたいと思います!

ちなみに組み上げてる最中に例によって塗装が剥げたことを報告しておきます。
それによりちょっとばかしテンションが下がったのは内緒です。

ではまた次回。
結局5月中の完成は達成できませんでした・・・
スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

MG ウイングアーリー 仕上げ2 白部分スミ入れ

100522_2251~01あれですね、体調が悪いときにシンナーの匂いってキツイですね。
ええ、実は風邪を引いてしまいまして。「夏風邪はバカが引く」と申しますが、いやちょっと意味違いますね。

ともあれ、どうにも調子が悪くてあまり作業が進みませんでした。
でも一応白いパーツのスミ入れは終わらせました。

当然の如くエナメル塗料でスミ入れしたのですが、いつも結構スミ入れでパーツを汚してしまうので、今回はちょっと工夫してみました。
ああ、汚してしまうというのはエナメル塗料を付けすぎて、シンナーでもキレイに拭き取れなくなることなんですがね。
その対策として、今回はエナメル塗料のクリアを使ってみました。てゆうかあったんですね、エナメルのクリア。
使った塗料は、クリア:クリアオレンジ:レッドブラウンを7:2:1くらいの比率で混ぜました。狙いは塗料を薄くすること。そうです、希釈濃度で薄くするのではなく、塗料の色の濃さ自体を極端に落としてみました。
で、実際この塗料を使ってスミ入れしたところ、汚れやすい白いパーツにもあまり被害を与えることなくスミ入れすることができました!

残る赤、青、黄のパーツですが、赤と青のパーツは、白を使って塗装色より明度の高い色でスミ入れしてみようと思います。今回は黒は使いたくないですし、かといって塗装色より濃い色というのはちょっと用意するのは難しいかなと。

そういえばリタッチ作業をすっかり忘れてました。
どこかの合間でやっておこうと思います。

ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

MG ウイングアーリー 仕上げ1 梨地解消

100517_2217~01一週間のご無沙汰、以上に間があいてしまいましたね。
先の週末はなんやかやでほぼ作業ができず、よって当然記事を書くネタもなく、と。

ああ、でも一応週日のうちに梨地処理の第一段階、クリア塗料によるコーティングはしてあったんですよ。
ですが、当然クリア塗装だけでは見た目に何の変化もなく、記事にはしてませんでした。

で、週末には梨地の酷い部品のペーパーがけのみ行いました。
結局対象としたのは、写真に写ってる数パーツのみです。
これ以外のパーツについては、クリアを塗ったことで十分表面が平滑になっていたため、ペーパーがけしなくともこの後のスミ入れ、デカール貼り作業には支障がないと判断し、何も手を出しませんでした。
余計な事をして余計な作業を増やしても仕方ありませんからね。
決して手抜きじゃないですよ!

そうそう、「余計な作業」とは例の如くリタッチです。
ペーパーがけは特に梨地が酷い翼パーツは1000番→1500番で、それ以外は1500番のみで行ったのですが。
途中から集中力を欠いて平面を意識せずにぞんざいにやすったせいで、エッジ部分の下地がこんにちはしてしまいました・・・

かくして、残る作業は
・リタッチ
・スミ入れ
・ツインアイ周辺、ノズル部分等のエナメル塗料筆塗り
・無くしてしまったシール代替え品の加工
・デカール
・トップコート
といったところですね。

しかし私の製作過程の通例として、後半は一気に終わらせる事が多い(事実が違ったとしても本人はその気)のですが、今回はどうにも手が進みません。
どうか無事に完成までこぎ着けられますように・・・

ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

MG ウイングアーリー 塗装4 各種クリア塗装

100509_2257~01いよいよ連休も終わりですね。正直社会復帰できるか心配です。
しかし、連休突入当初は「ウイングアーリー完成?余裕でしょ。」くらいに思ってたんですが、全然ですね・・・

さて、今回はやっと写真に少し変化がありました。
ゆうても一部のパーツに色が付いただけなんですが。
では一応簡単に各色のレシピ解説?をば。
全てホワイトパール上へのクリア色塗装(基本)です。

【黄】クリアオレンジとクリアイエローの混色。前回のバンシィの金を塗った塗料の余りをそのまま使いました。よって混合比は忘れています。

【赤】クリアレッド:クリアオレンジ:クリアイエローを5:3:2程度で混合。赤のみだとかなりキツイ色になってしまうのでだいぶオレンジ寄りにしてあります。

【青】クリアブルー:蛍光ブルー:蛍光ピンク:コバルトブルーを5:4:0.5:0.5程度で。今回の塗料でクリアブルーのみクレオスを使った(他は全てガイアカラー)せいか、他のクリア色に較べて非常に発色が悪かったため、クリア塗料でないコバルトブルーの混合に踏み切りました。蛍光カラーは一応ほぼクリアみたいなもんです。

【灰】クリアブラック:クリアレッドを9:1くらい。ご存じの通りクリアブラックは発色が弱いので数回塗っても灰色止まりです。ライフルの塗装くらいにしか使ってません。

【青灰】クリアブルー:クリアレッド:クリアオレンジを5:4:1程度で。青と赤がぶつかっていい暗色になりました。ライフルのカートリッジ等を塗装。

なんというか。難しいですね、クリア塗装。
まあ調色自体も難しいんですが、それは実験用のプラ板で確かめながらやってればどうにかなるんですが。
難しいのは発色を均等にする=載せる塗料の厚さを均等にすることです。
今までやってきたキャンディ塗装は、とにかく塗り重ねて塗り潰すようなことしかしてなかったのでこの辺はあまり気にしてなかったんですが、今回はもうダメダメでした。

特に酷いことになったのがライフルで、「広い面積に対して均一な薄めの塗料載せが必要」という超高等テクニックにいきなり到達できるわけもなく、意図していないのに迷彩調の仕上がりになってしまいましたorz
修正は諦めたというか、これ以上やっても一部塗り過ぎ → ムラ出る → 再度修正 → 一部ry、という無限ループが容易に想像できたので、涙を飲んで切り上げました。

というか、正直な話ライフル以外にも結構ムラが出てたりします。
いやホント、今さらながら均一塗装って難しいですね。最近、というか今まで基本的に塗り潰ししかしておらず、その部分の塗装スキルが全然ないことを痛感させられました。

そうそう、それと前回白を塗った時点で既になっていたのですが、大きいパーツを中心に表面が梨地になってしまったところが多々あります。
なので次の一手は梨地解消のためのクリア塗装&表面磨きとなります。
まあどのみちキレイにデカールを貼ろうと思ったらある程度必要な処理ですからね。

一応終わりが見えてきたような気もしますが・・・表面処理とデカールで結構時間がかかる予感が。
ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

MG ウイングアーリー 塗装3 外装白

100507_2140~01なにやら写真が前回と代わり映えしませんが。
実は全部白く塗ってあります。
いや、本当ですって。

それにしても相変わらずパーツの数g以下略
しかもパールホワイトは予想通り発色しませんで、この数のパーツを3回塗るハメになりました。
一応前回書いたとおり、パールホワイトに若干の白塗料を混ぜて塗ったんですが、初回は白の配合が控えめすぎてほとんど発色しませんでした。
そして2回目、若干白塗料を増やすことで隠蔽力はちょうど良くなったんですが、下地の銀が見えてるとどうしても黒っぽくなってしまうんですよね。
なので3回目、2回目と同じ塗料で重ね塗りをして銀をほぼ完璧に隠蔽してしまいました。

そうです。
銀塗った意味ねぇぇぇぇぇぇぇ!

まあ考えてみりゃ白をキレイに発色させようと思ったら塗りつぶすしかないんですよね。
透過してたらそりゃ別に色になりますよね。
やっぱり勘で適当な塗装プラン立てるのはダメですね・・・
ちゃんと根拠を持って考えるか、調べるか、実験しないとですね。
ああ、一応プラ板に同じ順で塗装をして発色等を確かめてはいるんですが、事前にやらないと意味がないと。

ともあれ、白塗料はそれほど多く混ぜなかったので、パールの質感はちゃんと出ているのが救いです。
銀も一応パーツに光が透過するのを防止してるはずで、おもちゃっぽさの軽減にはなってるのかと。
あとはこの上から各色のクリアを塗って発色させるだけです。

それはそうと、問題が一点。
シールを紛失しました。そう、目とかに貼るあのシールです。
正直いつからなかったのかもわからない状態です。中断以前からなのか、再開後なのかとんとわかりません。
まあどのみちシールがあっても使わずに塗装した可能性は大なので、あまり問題はないんですけどね。単に選択肢が無くなっただけです。

これでなんとか山場は一つ過ぎた感じですね。一安心。
ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

MG ウイングアーリー 塗装2 外装下地

100505_1721~01遠出はしないと言いつつも、妙に在宅時間の少ない今日この頃です。ちなみに未だ連休継続中です。
しかし、ウイングアーリーの作業してると、本当に邪魔が入る頻度が高いんですよね。
なんかもう見えない力が完成を阻んでると思えなくもなくもなかったり。

さて、今日の言い訳も終わったところで本題。

今回は下地塗装ということで、外装パーツを一律塗装しました。
最初に全体を黒で塗りつぶして、そのあと写真のように銀で塗りました。黒はガイアのExブラック、銀はフィニッシャーズのクロームシルバーを使っています。
何が苦労したって、例の如くパーツの多さですね。黒を塗ってるときは幸い?途中で中断するハメになったのですが、銀はほぼ一気に塗ったためにハンドピースを操作してる右手が途中から痛くなってしまいまして。なんの苦行だよと。

さておき、塗装内容がキャンディ塗装用みたいになっていますが、今回のプランはそうではありません。
実は腹案がありまして、って内容が明かされない腹案ほど意味がないものもありませんので書きましょう。

写真の銀の次は、全体にパールホワイトを塗ろうと思っています。目的は全体を白にすることなんですが、単色だと白く発色しないはずなので、本当の白塗料を少々混ぜるつもりです。
イメージとしては「表層のパールを半透過しつつ、銀の反射で輝く白」なんですが、果たして上手く行くんでしょうか。
で、全体を白で塗った後は、青赤黄などの各パーツにクリアカラーで色付けをしていきます。先ほどの白を下地としてクリアで各色を発色させたいのです。イメージとしては取説表示写真のようなパステル調?の仕上がりなんですが・・・
なんか夢見すぎな気がしてきました。

まあ今回は行き当たりばったりの塗装実験みたいなノリなので、例えうまく行かなくても悲しくないのです。
強がったところでまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

MG ウイングアーリー 塗装1 内部フレーム

100502_1658~01いやぁ、連休ですね。
そんなことは全く関係なく製作を進める当ブログです。

さて、ウイングアーリーはやっと塗装に入ることができました。
ちなみに表面処理の後半については思い出したくない、もとい取り立てて書くこともないので割愛いたします。

まずは内部フレームを塗りました。サフ、下地なしの一発塗りです。
塗料は基本的に取説レシピに従って調合しました。マホガニー6+ニュートラルグレー4+濃緑色少々という配合です。
その色でざっと2度ほど薄く塗って、あとはつや消しクリアーまで一気に塗ってしまいました。もちろん塗った部分にデカールを貼る箇所がないことは確認済みです。
最初は成形色より少々濃い感じでしたが、つや消ししたら結果的には成形色とほぼ変わらない色となりました。
これで万一塗装剥げしても大丈夫です。ああ、でも結局一応脚関節周りは表面処理のついでに削り入れてクリアランス確保してしまいました。

そう言えばマホガニー(塗料)、手持ちであると思って新しく買わなかったんですが、瓶の中でカラッカラに固まっていました。
考えてみたら最後に使ったのがいつだか思い出せないレベルでした。
なのでシンナーで希釈したんですが、これがまた溶けない溶けない。結局30分以上の無駄な時間を過ごしてしまいました。
こんなことなら横着せずに新しいのを買いに行けばよかったorz

そんなわけで次回からはいよいよ外装系の塗装に入っていく予定なんですが・・・
写真左上を見ていただければ分かるように、正直ウンザリするレベルのパーツ数です。
いや、塗るのは嫌いじゃないんですけどね、持ち手で保持するのが面倒なんですよねー。

ちなみに今回はテカテカに仕上げる、と言いつつつや消しでトップコートしてますが、別に間違えたワケじゃないですよ。
なんかこうクリアで仕上げると磨かなきゃいけない気が、じゃなくて前回のクシャトリヤでパールホワイトにつや消しというのが結構いい味出ていたので、実験的にそっち方面で行ってみようかと思った次第です。

ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

 | 

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。