FC2ブログ

ちょー!ガンプラブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC クシャトリヤ 塗装4 グラデ下塗り

100130_1137~01不味いです。スランプです。
なんだか最近気の利いた挨拶文が浮かびません。
誰も求めてないですかそうですか。

そんな状態なのでとっとと本題いきましょか。

今回はやっと外装部分の塗装に取りかかりました!
とは言えまだグラデ塗装のベースになる1段階目です。

ご覧の通り、いわゆるザク緑の部分はそれよりだいぶグリーンの強い色で塗りました。実際市販のザク緑にフィニッシャーズのピュアグリーンを混ぜただけの色です。
うんうん、なかなかいい発色になりました。イメージどおりです。

一方最終的に濃緑色にするパーツは、市販の暗緑色にミッドナイトブルーと赤を加えて、大分暗い緑に、緑に・・・緑?
うん、なんかもう単なる黒よりのグレーにしか見えないですね。写真だから云々ではなく、実際この色だから困ったもんです。
んー、これは2色目以降を結構しっかりのせていかないと本来の濃緑色になりそうにないですね・・・
次回以降の見所はこの暗すぎるベース色からどこまでリカバれるかだと思います。

あ、ちなみに緑塗る前にはHGホワイトでサフって、目立つところだけ表面とかバミの処理をしています。
なんだか思ったよりサクサク進んでますが、それもベタ塗りだけで済むここまでだと思われます。次回からはグラデーションを意識して細々とした塗りになりますからね。

なにやら淡々とした作業報告だけになってしまいましたが・・・
その辺は次回にご期待ください!
スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC クシャトリヤ 足裏バーニア加工

100124_1856~01うーん、またもやパーツの加工をはじめてしまいました・・・

いや、元々は足裏のバーニアをどう塗り分けようかと考えてたんですが。
結構掘りも深いし細かいしでどうにも塗り分けられる気がしなかったんですよ。
で、なんかもうね、削ぎ落としちゃった早いんじゃないかと。あとから別に塗ったパーツ貼り付けたほうが楽なんじゃないかと。そう思い至ったわけです。

そんなわけで実際削ってみました。
まずはナイフで大まかに突起を落として、先にヤスリを付けたリューターやら目の粗いペーパーでガリガリ削りまして、写真のように平らになりました!

思いついた時点では簡単そうに思ってたんですが、結構時間がかかりました・・・
しかも周囲に微妙にダメージ与えてしまったりと、少々がっかりな結果となってしまいました。

まあ細かいことは忘れて、最終的にどうしたいかと言うとですね。
写真で乗っけている丸バーニアは銀で、その内側に左に写ってるもう一回り小さなパーツを金で塗って貼り付ける予定です。

というか、組み上げたら足裏なんてほとんど見る機会がないことに今気付きました。
はたしてここまで手間をかける意味が、いやいや考えたら負けだと思います!

ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC クシャトリヤ 塗装3 グリーン以外色々

100124_2151~01いやー、趣味に割く時間があるというのはいいことですね。ここ1年如何に精神的に不健全だったかを痛感している今日この頃です。

なんでこんなこと書いてるかというと、やっぱり塗装は考えるのも実際にやるのも楽しいですね。
なんかもう配色とか考えてるだけで辛抱たまらんです。まあ今回は大規模な塗り替えはしない予定ですけどね。
あとはこれで持ち手保持とかマスキングとか、面倒なことを自動的にやってくれる仕掛けがあれば言うことなしなんですが。
なんというダメ人間思考。

前置きが長くなりましたが、今日は色々塗りましたよ。
数が多いので箇条書きで行きましょう。

1.グレー2
前回のグレーを白で希釈したものを使いました。
対象はバインダー保持アームとか、サブアームとか、主にABSパーツの部分。

2.金1
タミヤのリーフゴールドをそのまま。
塗ったのはスネ後ろ&両脇のスラスター、バインダー丸バーニアの内径として貼り付ける市販バーニアパーツあたりです。

3.金2
ガイアのスターブライトゴールドを使用。
金1以外の元々黄色いパーツは全てこれで塗りました。動力パイプとかメガ粒子砲口とかですね。

4.黒
袖と胸のエングレービングパーツは黒単色で。後のマスキング地獄が垣間見えてちょっと鬱。
あとは銀の下地としても塗りました。

5.銀
フィニッシャーズのクロームシルバーを使用。
対象はバインダー内の丸バーニアとその基部、あとはサブアームの一部のシャフトです。
初めて使った色だったんですが、仕上がりがあんまりキレイな銀なので眺めてニヤニヤしてました。

6.白
フィニッシャーズのホワイトパールで塗ってみました。
下地なしで塗ったんですが、これって単一で発色させるのは厳しいみたいですね。今回は幸い下地が白(というかアイボリー)だったので問題なかったんですが。あとでエングレービング部分塗るときは白の下地塗りは必須な気がします。

ふう。いやホント色々塗りました。
一応どれもイメージ通りの色なのでほぼ満足です。あとはつや消ししたときにどんな塩梅になるかですね。

それにしても・・・なんか最近金とか銀とかで安易に見栄えする塗り方に偏ってる気がします。
いかんなーと思いつつ、エアブラシで吹いたメッキ色の美しさには抗えないんですよね。

ともあれ、残る塗装はグリーン2色のみ!
ってこれが一番の大物なんですけどね・・・
今回も一応3色くらい使って似非グラデで塗る予定です。
ああ、あとはヒザとつま先、2カ所だけの青もありました。まあこっちは合間に適当に塗ることにします。

ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC クシャトリヤ 塗装2 グレー1完了

100121_2341~01今日は珍しくいきなり本題です。

前回のバインダーは一時置いといて、今回はグレーを塗りました。
1、となっているのはABSの薄い成形色の部分はまた別のグレーで塗る予定だからです。

それにしても相変わらず調色が行き当たりばったりです。
結果的には成形色より若干暗いグレーで塗ったのですが、もう色々混ぜすぎてカラーレシピとか書けない状態ですorz
とは言えなんとか一応イメージしたとおりの色は出せたので、よしとしましょうか。
そうそう、今回もシナンジュの時と同様、グレーに若干外装と同じ系統の色味を付けています。今回はグリーンです。なんかこうしておくと全体に統一感が出る気がするのですよ。
まあよくよく見ないとわからないレベルなので、所詮は自己満足なんですけどね。

しかし、調色についてはなんとかノウハウ作らないとだめですねー。
どうにも時間が無駄にかかってしまいます。
解決策としては市販の塗料でそのまま塗ればいいですが・・・それだとやっぱり、ねぇ。なんか物足りない、というか色のバリエーションが足りないんですよね、絶対的に。

さて、次は外装の緑、と言いたいところなのですが、一部スジ彫り失敗のダメージをリカバらなければならないことが判明しまして・・・
どうやら先に外装以外の細々したパーツを塗ることになりそうです。

ではまた次回!

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC クシャトリヤ 塗装開始

100121_2339~01本日は皆様に二つのサプライズをお届けいたします。

一つめは、そう、なんとも珍しい平日更新!
更新再開後初めてじゃないでしょうか?
まあ実際そうじゃない気もするんですが、わざわざ確認するのも面倒臭いもとい無粋なので初めてってことにしときましょう。

そして、二つめは!

ついにと言うか。
やっとと言うか。
そうです、塗装工程に突入しました!

とは言え、実際はたいしたことはやっていなかったり・・・
なにしろ、まず塗装環境を再構築するのが一仕事でした。使ってなかった10ヶ月間、さすがに出しっぱなしというわけにもいかんので、まあ仕舞ってあったんですが、もうどこに何があるやら。
平日更新の件と言い、最近記憶が曖昧で困ります。これが世に言うアルツハイマーでしょうか?

ともあれ、引っ張り出して来た我が塗装グッズたちですが、私の心配をよそに問題なく動いてくれました。
塗装ブースもコンプレッサーもハンドピースも従前通りの快調さであります。

で、結局何をやったかというと、塗装のカンを取り戻すべく、バインダーにサフ(実際はWAVEのHGホワイトです)を吹いてみました。
まあパーツも大きいし下地だし、練習には最適と舐めてかかったんですが、思った通り?思った以上に?鈍っておりました・・・
塗料の濃度ひとつ取っても、濃すぎて糸引き→薄すぎてのらず→やっとまともに、という有様でした。そらぁバインダー一枚分まるまる塗装剥がしするハメにもなりますわ。

結果的にはなんとかかんとかカンが戻った気がしています。
最後のほうは微妙に楽しくなってきましたし。まあ単に白単色を大吹きしてるだけなので気楽なのでしょうが。
そんなわけで、次回からは本格的?に塗装に入っていきます!

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC クシャトリヤ アルテコ粉パテ試用

100117_2222~01「塗る塗る詐欺」
という言葉をご存じでしょうか?
知らない方も多いかも知れませんね。なにしろ今私が作った言葉ですから。

そんなわけで今日も予告を無視して塗装以外の記事です。

今回は埋め忘れていた肉抜き穴をいわゆるアルテコの粉パテで埋めてみたのですが。

 こ れ は ス ゴ イ

今までのパテ埋め→待ちがいかに無駄だったかを痛感しました。
なにしろ本当に数分で完全に硬化するんですよ。まあその分作業を手早くやらないといけないんですが、粉と液を混ぜなければ硬化しないので、必要量だけ少しずつ混ぜて使えば問題なしです。
しかも普通のパテだと表面上乾いたように見えても削った後にさらに肉やせしたりしますが、今のところそんなこともなさそうです。
あとはパーツへの食いつきも非常にいいですね。普通のパテだと乾いたあとでもポロっと取れそうな塗り方しても、がっちり食いついてくれます。
乾いたあともナイフでサクサク、ペーパーでカリカリ削れるので加工性も良好です。現にバーニアの接続パーツ(8つ写ってるやつ)はならした後にナイフでモールドもキレイに掘れました。

今後は目消しとかもこれでやると作業がスピーディーに・・・ならないですかね・・・
何しろ私の場合作業頻度自体が低いので・・・

値段的には1300円くらいしてちょっと高いんですが、この使い勝手の良さを考えれば個人的には十分釣り合います。
しかもパウダーは普通の瞬着にかけると一瞬で硬化させる、という使い方もできるそうですし。

さあ、次こそ、次の週末こそ塗りますよ!

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC クシャトリヤ 今度こそ加工完了

100116_2323~01あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『おれは今日クシャトリヤと塗装をしようと思っていたら
 いつのまにか加工だけで一日が終わっていた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うがおれも以下略

そんな感じでまだ塗装に入れておりませんorz

最初はホントに塗るつもりでパーツチェックしてたんですよ。
そしたら結構モールドのあまいパーツが今更気になり出してですね。
コリコリ溝掘りしてたら凄い勢いで時間が過ぎていきました・・・
右中段に写ってるバインダーは全般的にモールド掘り直した部分なんですが、写真じゃ全然わかりませんね。

なんだかんだで他にも色々やりました。

左下に写ってるのは肩パーツ。
元々はのっぺりした平面のど真ん中にパーツの分かれ目がありまして、最初は目消しするつもりだったんですが、本日気が変わりまして合わせ目部分をちょっと掘り下げてモールドにしてしまいました。
この方が単なる平面より情報量が増えてよいのではないでしょうか。後の手間も減るしね!
あ、肩パーツの上にあるのはやっと盛りパテを削ったファンネルです。

それからサーベルが2本写ってますが、上はキットに付属のサーベルです。
そして下の方は元々GP02のサーベルなんですが、サブ・アーム内蔵サーベルってことで転用することにしました。手持ち用より若干短いのがミソです。実はもう部品も注文してあって、手元にちゃんと4本あったりします。
で、クローにサーベルの束を部分的に持たせるような形にする予定です。設定上ビーム刃がどう発振されてるのかよくわからんのでかなり適当です。

あとは上に写ってるのがバインダーの裏側ですね。
ここもリベットみたいなとこのモールドがあまかったのでピンバイスで貫通です。で、あとで裏からなんかのパネル的な形に切ったプラ板を貼り付けて、その上に市販のリベットを貼り付ける予定です。
これだとリベット部分を別に塗れるので、塗装的にはちょっと楽ができそうです。

最後!
加工じゃないんですが、右下にデカールが写って・・・ないですね、ほとんど。
ちょっと前にネットで買ったクシャトリヤ用のデカールです。辛うじて金の部分だけ写ってますが、他は銀色でジオンマークやクシャトリヤの型式番号のデカールが並んでます。ちなみにこれ1枚で1200円くらいしました。高い・・・
まあ使うのはまだまだ先になりそうですが。

さてさて、次こそ塗装ですが!
デカールとの兼ね合いで、白は銀、黄は金で塗装するかもしれません。しないかもしれません。
ああ、まずはパーツ洗浄しなきゃ・・・

ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC クシャトリヤ 塗装前加工完了

100111_2326~01遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
既にして今年もゆるゆる進行の予感満載の当ブログですが、気長にお付き合いいただければ、と。

さてさて、記事を書き始めてから前回と今回の写真が似ていることに気付きました。さりとて撮り直す元気もないのでこのままいきますよ。

まあ作業内容的にも前回同様細々した加工ばかりです。
箇条書きにして挙げますと、

・バインダーのエッジの面出し
・目消し部分のヤスリがけ
・パテ埋め部分の表面処理
・それ以外の一部表面処理
・バーニア、モノアイの加工?とか

こんなとこでしょうか。要するにだいたいヤスリがけしてました。

って今気付いたんですが、パテ埋めしたファンネルの削りを6個中2個しかしてませんでした・・・
というか他にも表面処理しようと思ってたパーツが手付かずだったり。なんか色々ダメですね。

ともあれ。一応細かい説明をしておきますと。
バーニアは真ん中からポールジョイントが丸見えになる作りですので、穴の上から市販の丸バーニアを2つ重ねでのせることにしました。ちなみに塗装の都合上まだ接着はしてません。
それからモノアイのほうは、頭部内部が狭くてそのままではHアイズを貼り付けるのが困難なので、元々のモノアイの突起部分に2mmのピンバイスで穴を開けてしまいました。ここに1.8mmのHアイズをはめればちょうどいい感じになります。なるはずなんです。

そんなところで、次回からはやっと塗装に入れるかもしれません。
あー、その前にパーツ洗浄しなきゃですね。できれば平日に残りの加工と洗浄を終わらせときたいですねー。
さて、どうなることやら。ではまた次回!

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

 | 

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。