FC2ブログ

ちょー!ガンプラブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MG シナンジュ ライフル持ち手加工

本日の作業時間、15分。
それで一つの記事にしようのいうだから図々しい話ですよね。
まあそう言いつつ書くんですけど。

さて、webでシナンジュ製作記事を漁っているとよく見かけるのが

「ライフルがまともに持てない」

という嘆きです。

今日はその対処加工をちゃちゃっとしてみました。
手のひらとライフルのグリップを1mmのピンバイスで貫通させて、グリップ側の穴に同径の真ちゅう線を瞬着で固定しておきました。
こうすることで、最初のダボ?だけで固定するのとは段違いの保持力が得られました!
まあ所詮は人真似の加工ですが、いい感じです。でも実際は腕部を全部組み上げてみないと、ちゃんと機能するのかは怪しいものですが。

ちなみに手のひらは左右ともに同じ位置に穴を開けまして、真ちゅう線もグリップから両側に2mm強はみ出るような形で固定してあります。
要するに、左右どちらの手でもしっかり保持できるようにしたわけです。
これだと握った指の先に真ちゅう線が見えてしまうんですが、そこまで目立つものでもないですし、右でしかライフルを持てないというのも納得いかないので、これでいいんです。多分。

理想としては、平日にこういった細々した作業を毎度片付けておけるといいんですけどねー。
実際はなかなかそうもいかず、土日、本来の目当てである大がかりな作業の開始までに思ったより時間がかかってしまったりするんですよ・・・
ともあれ、今週の残りの平日は当然のように作業できなそうです。
また週末にお会いしましょー。
スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

MG シナンジュ 塗装7 グラデーション終了?

090223_0040~01終わった・・・何もかも・・・

ウソです、スミマセン。ちょっと言ってみたかっただけです。
なんかもうグラデーション塗装を終えたら力尽きた感じです。ハンドピースの細かいを繰り返した後遺症で、右手が腱鞘炎になりそうな勢いですよ。

とりあえず今週末、土曜は全然作業ができなかったんですが、日曜夜だけでなんとかやり遂げました。我ながら近年まれに見る集中力。まあもっと別のことにその集中力を生かせって感じですけどね。

ともあれ、写真が塗り終わったパーツなんですが・・・なんか赤一色にしか見えないですね・・・
実は一通り塗り終わったあと、薄く全体に3層目の塗料を吹いたんですよ。いや、先日書いたようにちょっとグラデーションがくどすぎる気がしましてね。
うーん、それがちょっとやりすぎだったんでしょうか?近くから見ればグラデは見えるんですが、ちょっと離れると陰影にしか見えないんですよ。それともこれが正解なんだろうか・・・
答えの出ない自問自答はきりがないのでこの辺で。

どっちにしろ、これでやっと外装パーツの基本塗りは終わりです。
まあ上で仕上がりに対してネガティブなことを書きましたが、1週間ほど放置して塗料がしっかり定着したらどうなるかを見届けてみるとしましょうかね。
でも上からクリアオレンジは多分吹きません。最後の3層目塗料全体吹きのおかげで、だいぶ色調が明るくなったのですよ。ほぼ成形色とおんなじ色です。
あとは1回上からクリアを全体に吹いて、ホコリ付いたり梨地になってる部分をキレイにならそうと思ってます。

さて、その1週間の待ちの間に、シールドの金モール(まだやってませんでした)や武器、白パーツを塗ろう!と言いたいところですが・・・例によって平日はちょっと作業が無理そうです。
黒パーツでほんの数カ所デカールを貼れる場所があるんですが、まあせいぜい作業できてもそのデカールくらいのものでしょうか。

そんなわけで一応自分の中での目標だった、「2月中完成」は無理そうです。
ちなみにここには1回も書いてない気がします。>2月目標
てゆうかもっと早く判断つきそうなもんですよね。>2月無理
次の目標は3月中完成です!

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

MG シナンジュ 塗装6 グラデーション仕上げ中

さてさて。今回の記事は本当なら日曜夜に書こうと思ってたものです。
ちなみに何故書けなかったかは前回の記事を参照してください・・・

そんなわけでグラデーション塗装もいよいよ?仕上げに近づいております。
とは言っても、塗ったのは写真のパーツ+ほんの数個で、3層目塗装はまだまだこれからです。

しかし、この写真だとわかりづらいですが、少々グラデーションが大げさな気がしてるんですよね・・・
ノモ研か何かに載ってた、「やりすぎグラデーション」に近い感じなんです。まあぱっと見グラデかかってるのがわかるのはいいんですが。
なので、既に塗ったパーツももうちょい3層目を塗り足すかもしれません。

加えてですね、下地の影響をちゃんと考えていなかったせいで、発色がだいぶ紅っぽくなってるんですよ。真紅の稲妻みたいな感じで。
シナンジュの赤ってイラストとかを見るとわかるんですが、結構オレンジ寄りなんですよねー。
うーん、3層目の上からさらにクリアオレンジでも塗ってみようかしら・・・でもこれはこれでいい色なんですよね・・・
まあ全部塗り終わってから悩めばいいかな。

なんかグラデの仕上げに入ったら一気に進んだ気がしてきました!まあ錯覚なんだろうけど!
最後の大物デカール張りもまだ控えてますからね・・・

さあ、はたして今週末でグラデ塗装は終わるんでしょうか?
乞うご期待!

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

20000Hit ありがとうございます!

090219_2007~01おかげさまでいつの間にやら2万Hitを超えておりました。
これもひとえに訪問してくださる皆さんのおかげです!
例によって本当にカウンタがあってるのかは疑問ですが、まあ細かいことは言いっこなしってことで。

さて、今週は恒例の日曜更新をしていませんでしたが、それにはちょっと事情がありまして。
実は日曜の夜にマイPCのHDDが吹っ飛びやがりましてね。まあ正確には最初は吹っ飛びかかっただけだったんですが。
でも再起動やフリーズ、はてはブルースクリーンまで頻発しながらも、なんとかバックアップはとれたのでまだ良かったんですけどね。しかも死んだのはデータをあんまり入れていない起動ドライブだったので、ダメージもそれほどでもありませんでした。

そんなわけで、再構築してる間に20000Hit超えてました。
ちなみに代替えドライブは今流行のSSDですよ!30GB2台でストライピングですよ!
Windowsインスコ直後は笑っちゃうくらいOS起動がめちゃ早でした。まあいろいろインストールしたら若干遅くなったんですけどね・・・でも一応10数秒あれば起動するのでやっぱり早いです。

ああー、なんか全然ガンプラと関係ない話ですね、スミマセン。
さて、話を戻して?今日の写真はGFFの「Ξ(クスイー)ガンダム」です。
なんでこれかと言うと、「いつかはMGで出して欲しい機体」だからですよ。ほら、ガンプラと繋がった!
というか出たら出たでこの複雑な造形に泣かされること必定なんですけどね・・・

ともあれ、今後も進行はゆっくりですが、気長にお付き合いくださいm(_ _)m
まずはシナンジュ完成させます!

MG シナンジュ 塗装5 外装塗装中

今日の暖かさは異常でした。個人的にはこのまま春になってもらいたいものですが、そうはいかないんでしょうね。
あと、世間的にはバレンタインでしたがガンプラには特に関係がないのでいつもどおりの更新です。

さて、今回は先日の予告通り外装の塗装を始めました。
塗装プランとしては、下地黒の上に徐々に明るくした赤3色程度を塗り重ねようと考えてます。
その下地の黒ですが、これは珍しく平日に時間がとれたので、前もって塗ってありました。

なので、今日塗ったのは1層目の暗い赤と、2層目の中間の赤、だったのですが・・・
ぶっちゃけ2層目の途中で力尽きましたorz

実は色作りが結構難航しまして、最初は取説のレシピにあるモンザレッド(先日買えました)+レッドをベースに黒を加えたりしてたんですが、いざ塗ってみると下地の影響もあって思いっきり茶色になってしまいました。なんかチョコみたいな色だったのは今日ならではということなのでしょうか?

ともあれ。そんな色ではどうにもならないので、再度調色。
今度はマルーン8割、クリアレッド2割という調色で行きました。ちなみに根拠はないです。勘です。
まあクリアレッド入れたのは、塗料の隠蔽力を落として、下地黒を透けさせたいという考えがあったんですけどね。
で、これが結構思い通りの色になりました。写真だと上のほうに写ってる濃い&黒っぽい赤がそうです。

続いて2色目の赤は、下地の影響が薄くなっただろうということで、取説レシピに近い調色にしました。
モンザレッド:レッド:クリアレッド:クリアを5:2:1:2程度で調色してます。やっぱり透けさせる気満々です。
これを塗ってあるのが写真の下や左のほうのパーツです。
そこそこまんべんなく塗っても隠蔽力が低いので、下地&1色目がエッジよりの部分で透けていい感じにグラデーションがかかっている状態です。まあ写真ではわかんないですよね・・・
一応左下のシールドやその上に写ってる腰の後ろダレ?あたりだと確認しやすいようですが。

というか、むしろグラデーションが強すぎて若干くどいくらいになってます。
これは3色目の塗り具合で調整しようと目論んでいるのですが・・・どうなることやら。
一応調色は2色目+白+蛍光レッドで発色を鮮やかにする予定です。でもクリアも入れて隠蔽力下げるかもです。なんか発色向上と矛盾する気もするのですが・・・まあ実験てことで。

ともあれまずは2色目残り半分を塗らないとダメですね。
ここのところずっと5mmのトリガーハンドピースでラクして塗ってるとは言え、何しろ数が多くてまいります。
3色目は3mmのダブルアクションで塗る予定なので、今回以上に手が疲れそうで今から戦々恐々ですが・・・まあ今から悩んでもしょうがないですね。
どのみち作業時間の関係で、今週末中に3色目はムリそうな感じです。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

MG シナンジュ 組み上げ1

090209_0020~01微妙に間が開いてしまいました。
実は日曜からこっち、全然塗装が進んでいません。
いや、塗装は若干してたんですが、それが進捗に結びついていない、と。そういうことです。

何をやっていたかというと、先日も書いた「被膜の剥げたシールド」の補修をやっていました。
一応、剥げて色が変わった部分の再塗装 → 段差を削るためにクリア厚吹き → サンドペーパーで段差消し、とかやっていたんですが、どうもうまいこと段差が消えてくれませんでした。まあ剥げた被膜が厚すぎたってことですね。
そんなわけで、結局シールドは塗装を全部落として、塗り直すことにしました。
うーん、もっと早く決断しておくべきでした・・・なんとも無駄な時間を過ごしてしまいました。

さて、それとは別に、金モールパーツのフレームへの組み付けも一応やりました。
組み付けの前につや消しクリアを結構厚めに吹いてあります。せっかくキレイに塗れたのが剥げたら悲しいですからね。
右側のパーツが一部ないのは、例の破損パーツに関わる部分だからです。コレも塗らなきゃいかんのよね・・・

実は頭部もまた若干ディテール修正したのですが、わかるでしょうか?わかんないですよね、この写真じゃ。
今回はマスクの下を削って、モノアイ部の露出をさらに増やしてます。ついでにマスクが後ろに行きすぎないように頬当ての厚さを半分くらいに削ってあります。
現状の頭部とマニュアルに写ってる頭部を較べると、かなり変わってることが実感できるのですが・・・まあその写真はまたいずれということで。

なんだかんだと塗りたい、いじりたい細かい部分はあるんですが、次回からは外装パーツの塗装に入ってしまおうかと思ってます。
この調子だとホントにいつ終わるかわからないですからね・・・

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

MG シナンジュ 塗装4 金モール

090208_0011~01キタコレ。
金モールが予想以上にキレイに塗れましたよ~。
よってモチベーション復活です!

まあそんなわけで。思わず挨拶を割愛してしまうほどの感動なんですよ。
今日は注文した部品も早々に届きましたし、ここにきて運が向いてきました気がします!

話を戻して金モールですが、一応金を塗る前に黒一色で塗ってあった黒パーツに若干グラデーションっぽい塗装をしました。
したんですが・・・実はこの金モール塗装後のリタッチのせいもあってあまり意味の無い塗装になってしまいました・・・
一応色は指定通りのミッドナイトブルーではなく、それと黒を等分に混ぜたものを使いました。思ったよりミッドナイトブルーと黒の色差が大きかったんで。
あ、その後一応クリアコートもしておきました。この後の作業での被膜へのダメージ対策です。

で、肝心の金モール塗装は、セロハンテープでマスキングをして行いました。
セロテープマスクはシナンジュが出たばかりの頃の模型誌に載っていたのをマネしたんですが、これはいいモノですね。
普通のマスキングテープだと、テープが厚いせいもあって、デザインナイフ等でも細かいところはなかなか上手くカットできないんですよ。不透明なので下地も見えず、おかげでナイフでパーツをキズつけてしまうこともしばしばです。
これがセロハンテープだと、どちらも解決するわけですよ。透明で下地が見えるからミスしづらいし、ナイフの刃先がヘタれてでもいない限りすっと切れますしね。
ただちょっと粘着力がネックなんですよね・・・現にシールドの黒パーツに試行錯誤しながらテープを貼ってたら、被膜持っていかれましたorz
まあ使ったテープが悪かった&被膜が薄すぎて弱かっただけだとは思うんですけどね。
逆にシールド以外は何の問題もなく剥がせましたしね。

ともかく、パーツにテープ貼る→段差部分も楊枝で密着させる→精密ナイフで切れ目を入れる→不要部分を剥がす、という作業を全部の黒パーツにやったんですが、これが結構時間がかかりました。
今回の製作の最大の山場・・・ではないんでしょうね、きっと。まだ外装の塗装とかデカールが残ってますからね・・・
ああ、あとはシールドの金モール塗装も残ってます。こちらは剥がれた被膜の補修もあるし結構面倒そうです。

また話が逸れました。
テープを剥がしたあとは、面相筆で金が上手く塗れてなかった部分の補修と、エナメル黒で金がはみ出した部分の塗りつぶしを順次行いました。
その結果が写真のジオンマーク他です!

手前味噌ながら、この調子でいけば結構良作に仕上がる予感がしてきました!
まあ完成まではまだだいぶかかりそうですけどね・・・

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

MG シナンジュ 部品破損&軸補強

090202_0008~01ああ・・・できることならこんな記事を書くことなく、シナンジュの製作は終わらせたかった・・・
なんつーか、馬鹿ですわ。自分。
「破損怖いから組まない」とか書いてた次の日ですよ。もう狙ってるとしか思えませんね。

まあそんなわけでね。
ええ、ぽっきりいきました、2カ所ほど。1カ所で済んでないところがまた馬鹿さ加減ry

最初はバーニアの付け根でした。
まあね、ここは自分が悪いんですよ。そもそもマスキングが適当で、はめ込む時に干渉する部分も塗っちゃってたんですね。で、軸が太ってたもんではめ込みもキツくなってまして。無理にはめようとしてちょっと捻ったらですね、もう気持ちいいくらいぽっきりいきました。
バーニアはもう一度付けたら付けっぱなしだと思ってたんで組んだんですが・・・まあ折れたのが(バーニア関係では)ここ1カ所だっただけマシなんですかね・・・

で、2カ所目は右手首です。つーか左右共通部分なので右も左もないんですが。
こっちは元々キットがハズレだったのかも知れません。
バーニアみたいに塗装で太らせてたワケじゃない(クリアコートも含めて)のに、組もうとしたら折れました。
一応バーニアの教訓があったので捻るようなことはしてなかったんですが、あんまり入らないので真上から思いっきり力かけたら横にくにゃっとね。くにゃっと。

そんな事件がありまして。
怖くなっていまさら軸補強なんぞをやりました。明らかに順番が違いますよね・・・
まずは一番破損報告の多い腰と胴の接続軸の肉抜きをパテで埋めまして、あとは太ももと足首の付け根部分の軸もやりました。
って気付いたら肉抜き軸は全てパテ埋めしてました。
あとはこれをじっくり乾燥させて、緩くなりすぎない程度にやすってあげるだけですね。

とりあえずは部品請求しなきゃですねー。
定額小為替とか買うの面倒なんですよね・・・
皆さんもシナンジュ作成の際はパーツ破損にご注意を!

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

MG シナンジュ 塗装3 フレーム細部&トップコート

090201_0024~01お待たせしました、引っ越し後初の更新です!
誰も待ってないですかそうですか。

今週は週日が忙しくて全然手が付けられなかったんですが、今日だけで結構進んだ気がします。
一応内部フレームはトップコートまで含めてほぼ仕上がりですよ。

まずやったのは、腕部4カ所、脚部10カ所の小型スラスターの筆塗りです。
いずれも外径を金で塗って、内部は黒を塗りました。塗り分けが面倒なところはエナメルの黒を使ってはみ出しても拭き取れるようにしたんですが、結局一発で上手く塗れましてね。いいんだか悪いんだか。

次に銀に塗ったバーニアパーツの内側になる部分ですね。
ここはカッパー(銅)とガンメタルを1:1くらいで混ぜた暗めの銅で塗りました。あとチ○コのところのスラスターもこの色です。少々目立ちすぎる気もしますが・・・まあ大丈夫でしょう。

あとは各部塗装剥げをちゃちゃっと筆でリタッチして、全体にフラットクリアを吹いてしまいました。
ああ、唯一羽根のところだけデカールを貼る必要があったので、(たった4枚ですが)それももちろん貼ったうえでクリアコートです。

そうそう、今回は金とか銀のメタリックカラーの上にもつや消しコートをしています。
つや消しメタリック(そのまんま)とでも言うんでしょうか?こういう塗り方は普通にあるらしいですね。HCM-ProのSPサザビーなんかがそうらしいですよ。
シナンジュの目標である、「重厚な仕上がり」にはきっとこの塗装が合うんですよ!多分!

ともあれ。
これが乾けばフレームは全部組めます、と思いきや、あとで赤パーツ組むのでどうせバラす羽目になるんですよね。
そうすると破損とか怖いので多分組みません。なんというチキン。

ちなみに来週からはちょっと忙しくなりそうで、更新はやっぱり週末のみになりそうな予感です。
まあ要するにいつもどおりなんですけどね。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

 | 

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。