FC2ブログ

ちょー!ガンプラブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC ケンプファー ギャラリー掲載

ケンプファー、ギャラリー掲載しました!
お立ち寄りの際は是非見ていってくださいね。

いやー、撮るのに思ったより時間かかりましたよ。
なにせ武器が豊富だし、可動も結構良好だしで、ポージングの幅が広いんですよね。
とはいえ、時間がかかった最大の原因は撮影そのものではないんですが。いやね、ケンプファーの劇中の活躍を確かめようと、ポケ戦のビデオを引っ張り出してきたら思わず見入ってしまいまして。まあある意味予想の範疇だったりします。

で、肝心のキットの出来の方ですが。
今回は初めて真面目にグラデーション塗装に挑戦したのはご存じの通り。
ぶっちゃけ結果はギャラリー見てもらえれば丸わかりなんですが、いまいち色の変化を表現仕切れませんでした・・・
ですが、重ね塗りの成果なのか、実物は結構光の当たり方で青の色味が変わるんですよ!
単なる錯覚かも知れませんが、まあ本人喜んでるのでツッコミはなしの方向で。

そうそう、今回からギャラリーに「web拍手」ボタンを追加しました。
気に入ったらいっちょポチってってくださいね。ちなみにケンプ以外の各ギャラリーにも追加してますよ。
実はweb拍手を使うのは初めてではないんですよね。私にはかつて自前でHTML書いてHP作ってたという黒歴史がありまして、その頃・・・などと語り出すとキリがないのでやめておきましょう。

そんなわけで、ケンプファーは本格的に終了です。
次は何を作りましょうかねぇ。
スポンサーサイト

HGUC ケンプファー 武器完成

これにて一丁上がりぃ!
ケンプファーの武器も完成しましたよ~。

とは言っても作業量的にはたいしたことはなく、前回記事で書いた残り作業+武器全部にトップコートを吹いただけなんですけどね。
若干心配だったマスキングもおおむね上手くいってまして、ほんの数カ所筆でリタッチしただけで事足りましたし。
あと面倒だったのは、チェーンマインを組むときにマインの間隔を均等にするのぐらいですかね。でも説明書に間隔サンプルが実寸で載ってたので、自力で調整するよりは全然ラクでしたが。
そうそう、一応マインは向き?が乱れないように中にセメント流し込んで固めてます。なので今しばらくは乾燥待ちですね。
まあ撮影のために弄くり回すのは週末の予定なので、それまでには固まってるでしょう。

そんなわけで次回はギャラリー掲載記事でお会いしましょう。

HGUC ケンプファー 武器塗装他

本体が完成したらモチベーションが落ちるかと思いきや、武器を仕上げられる程度には保てております。

そんなわけでやっとチェーンマインの塗装をしました。
最初に全体を薄いグレーで塗装して、あとから表?の黄色い丸を塗ってます。マスキングはゾルを筆塗りしたんですが、これがだいぶさっくり出来たんで作業のブレーキにもなりませんでした。

あ、もちろんグレーが乾いてから黄色塗ってますよ。
その乾燥待ちの間には各種武器のスミ入れをやっておきました。
やったんですが・・・色の加減であんまりスミ入れしたように見えなかったりorz
まあね、あんまりきつくスミ入れてもくどくなっちゃいますしね。もともと段差が大きくて陰影で充分ライン見えますからね。うん、無問題。

ここまで来たら、あとはチェーンマインの黄色塗ったパーツのスミ入れと、その組み上げだけですよ!
本格的に終わりが見えてきた!

HGUC ケンプファー 本体完成

ケンプファー、やっと本体が完成しました!

前回の記事からスミ入れの残りとデカール、つや消しトップコートを一気にこなしました。
ちなみに、説明書では両側頭部にサイクロップス隊のエンブレムを貼る指示になっているんですが、両側に同じエンブレムは何かマヌケっぽかったので左側頭部しか貼ってません。あとジオンマークはキット付属の丸いタイプではなく菱形っぽいタイプのを使ってます。たった2枚ですが、いや、たった2枚だからこそ考えて貼ってるってことですよ。

トップコートは例によってアクリルのつや消しです。フラットベースは結構多めに入れたつもりだったんですが、思ったほどの強めのつや消しにはなりませんでした。
まあ一応新品というコンセプトで作ってますし、少々ツヤがあるほうがいいということで妥協。もとい許容しました。

そうそう、乾いてみたらと言えば、少々明るくなりすぎてた感のあった本体の青ですが、しっかり乾燥してきたらだいぶ落ち着いた深い青になってくれました。やっぱり多重塗りしてるのが効いてるんでしょうか?
掲載写真は露出が強すぎてその青の色味がわからなくなってしまっていますが、完成後のギャラリーではきっとちゃんとお見せできると思います。いや多分。

そういえばもう一つやったことが。
モノアイはHアイズの裏にラピーテープを貼ったものをつかったんですが、既に無理しても可動式に改造すればよかったような気がしてます。
正直視線が正面のみって、ポージングが限られる&無理するとすぐ不自然になるんですよね・・・
うん、次回HGUCケンプファーを作るときは是非モノアイは可動式にしよう。まあ同じキットを2度作ることがあるかははなはだ疑問ですが。

そして残すはチェーンマインの灰→黄塗装、武器全般のスミ入れ&トップコートです。
この週末中に仕上げる、のはちょっと無理そうですねぇ。

携帯クリアコート

基本的にガンプラとは関係ない話なんですが、先日携帯の機種変をしました。
そう、昨日の写真が微妙にキレイだった(ですよね?)のは、新しいカメラで撮ったからなんですね。多分。まあ正直カメラのスペック的にはたいしたことないんですが、やはり2年も経つとなんか基本的なところで改良されてるんでしょうね。

さてさて。なんでこんなことを書いてるかというとですね、携帯にクリアコートを吹いてみました。
いや、別に思い付きでやった愚行ではなくて、ああ、愚行かどうかはまだ判断できないんですがでも結果的に後悔しそうな雰囲気が既に以下略
とにかくですね、ネットで新しい機種のことを調べてみたところ、どうも黒に限って塗装が剥げやすいという情報がありまして。で、クリアコート(つや消し)を吹いてみたと。

まあエアブラシを使ったてことで載せようと思ったわけですが、正直自分自身でもどうでもいい記事な気がしてきました。(おい)
とりあえずここまで書いたので載せてしまいますが・・・
すぐにケンプファーの続報載せますんでご容赦を。

HGUC ケンプファー スミ入れ中

世は行楽日和の3連休。まあ明日からは雨らしいですけどね。
さて、余裕だと思ってた11月中のケンプファー完成ですが、あまり猶予がない気がしてきました。

そんなわけで今日からスミ入れを始めました。
まあHGってこともあって、パーツ数も少ないし、モールドもそれほど複雑ではないのでそれほど劇的な量のスミ入れではないのですが・・・
バーニアの内部が地味にキツイです。

ケンプファーは強襲用MSで推力でかいってことなんでしょうね、バーニアの開口部が大きいんですよ。そこを黄色一面のままにしておくのはさすがに手抜きな気がするので真面目にスミ入れしてるんですが、これが結構面倒です。
中のディテールがちゃんと再現されてるのはいいんですが、段差が浅いのでエナメルの流し込みがしづらいんですよ。ナイフなんかでモールド掘ろうにも空間的にどう考えても無理だし・・・

ああ、ちなみに今回のスミ入れはジャーマングレー&黒を6:4ぐらいで混ぜたエナメルを使ってます。黒すぎず薄すぎず、が目標です。ちなみにモールドが浅くてエナメルが流れにくい部分は黒のコピックで代用。まあ本当はケガキ針でモールドを掘り下げればいいんでしょうけれど、いままでの経験から塗装を台無しにする予感がプンプンするのでコピックに逃げてます。

そうそう、バーニアです。
バーニア内部はコピックでもできないしで、だいぶ苦労しました。
まあそうは言いつつも一通りバーニアは先行して終わらせたんですが、だいぶ汚い仕上がりになってしまいました・・・あとでもうちょっと細部拭き取らないとダメっぽいです。
ウェザリングだと言い張る道もないではないですが、他は汚す予定もないですしねぇ。
まあどうするかは明日の気分次第ですかね。

とりあえずスミ入れは明日には終える予定でーす。

HGUC ケンプファー 塗装 細部修正

ケンプファー弄ってたら週末が終わってたでござる の巻

たまにはそんな週末もありなんじゃないかな。まあ別の意味で終末に辿り着いた感もあるけどね!

そんなわけで内容的には昨日の作業です。
まだやってなかった細部の塗り分けを終わらせました。頬部分の黄色や、左肩スパイクアーマーのトゲや頭部アンテナの白あたりですね。

それらをマスキングしてざっくり塗ったんですが・・・ちょっとざっくりやり過ぎましたorz
いや、マスキングはそこそこ真面目にやったんですが、塗料の希釈をエアブラシのカップ内でやったところ、少々薄くし過ぎてマスキングの裏側まで浸食してしまいました・・・
塗料は吹き始めは濃かったんですけどね、すぐにやたら薄い塗料がね、こうね、しかもちょうどその時手違いで一カ所に集中的に吹いちゃいましてね。

うん。自分が悪い。

で、写真の左側頭部がそのダメになっちゃったところなんですけどね。相変わらずわかりにくい写真ですね。
まあなんとか筆リタッチでごまかしてみます。でもパターン的に、執着しすぎるとかえって傷口を広げるので、適当なところで妥協するように頑張ってみます。
妥協を頑張るって変な日本語ですね。

ここから先は週日でもチマチマ作業できそうな部分なので、週末を待たずに進め・・・られるといいな。

HGUC ケンプファー 塗装ほぼ完了

さてさて。ずいぶんと引っ張りましたが、今回でエアブラシでの塗装はほぼ完了です。
やはり気分がのってしまえば早いものです。うん、今までウダウダといいわけしてましたが、要するにやる気がなかっただけだったり。

手早く完了したのにはそれなりの理由がありまして。
当初は青以外の部分もある程度グラデーションかけようと思ってたんですが、結局グレー(濃淡両方)部分はエッジにクリアブラックでシャドーを吹いただけで完了としました。
いや、決して手を抜いたわけではなく、下地のつもりで塗った色が予想外に仕上がりのイメージに近くてですね。そこから下手に手を入れるより、シャドー程度で仕上げてしまうのが無難かつ手軽だろうと。
まあ言いかえれば妥協したんですけど。でも手抜きじゃないよ!(気分的に)

そういえば青以外にもグラデーションをかけた部分もありました。ショットガンです。
ベースは他のグレー(淡)と同じ色で塗ってたんですが、ショットガンだけはだいぶ明るいグレーということで、その上からニュートラルグレー+白+紫を調色したものを吹きました。一応エッジは残すようにして、若干グラデーションがかかってますが・・・正直あんまり見た目でわからなかったり。またかよ。

さあ、ここまで来たらあとは細かい塗装ミス、剥がれ部分を筆でリタッチして修正すれば塗装は完了です。
その後スミ入れ、デカール少々、トップコートで完成です!

と思ったら、チェーンマインがまるまる残ってました・・・
パーツも多いし、めんどくさー。

HGUC ケンプファー 本体塗装

今日は久々に本腰を入れて塗装しました。
進行具合は納得のいくものだったんですが、肝心の塗装結果はというと・・・

うーん、グラデーション塗装って難しいですね。
ウェブやら塗装ガイド3やらである程度予習してから挑んだんですが、まあこれがイメージどおりに塗れないんですよ。

とりあえず塗装色は順に塗り重ねる前提で、暗中明の3色を用意しました。
中間色をフィニッシャーズのピュアブルーとガイアの蛍光ブルーあたりをベースに作成、暗色にはそれにミッドナイトブルー等、明色にはファウンデーションホワイトと黄橙色を加えてそれぞれ作成しました。
黄橙色はキットのカラーレシピに従って加えたつもりだったんですが・・・正直これは失敗でした。明色だけ色のベクトルが違ってしまったんです。入れるならベースにした中間色の時点でいれるべきだったようです。

まあ結局は上記の3色で塗装したんですが・・・写真じゃ結果がわかりませんね。
いまいちうまいことグラデーションをつけられませんでしたorz
脚パーツの一部あたりだけはそこそこ表現できたんですが、実物で見ないとわかりにくそうな予感。ギャラリーに載せるレベルの写真でも見て取れるか怪しいもんです。陰影にしか見えないかもしれません。
かと言ってこれ以上きついグラデーションにすると正直不自然になる気がするんですよねー。
ともあれ。またウェブで上手な作例&製作記でも探して勉強しないとダメですね。

こんな感じで落胆してるように見えますが、実はそうでもありません。
まあそこそこキレイに塗れたし、塗りおえたことで終わりも見えてきたしで、まだモチベーションは保ててます。
この勢いで一気に仕上げ・・・はちょっと残り作業量的に厳しいですね。

VF-25F 購入

当ブログは「ガンプラ」ブログでございます。
よって作るのはガンプラのみ・・・のハズなんですが。買ってきてしまいました、バルキリー。
元々はケンプファー用の蛍光ブルーあたりの塗料を調達に行っただけだったんですが、展示完成品のファイターが気に入ってしまいましてね。うっかり一緒に購入です。

そんなわけでプラモは買ってみたものの、マクロスF自体は見てなかったり。結構最近まで深夜でやってたらしいですね。
ちなみに私の知ってるバルキリーはVF-1Jとかそんなんですよ。25て。どんだけ進化してるんだっつー話ですよ。
そのクセ基本フォルムというか、3形態変形ってコンセプトが変わってないとか、思考停止しすぎだろっつー話ですよ。

ともあれ。結構作るのが楽しみな品なので、今現在の脳内予定では次の次くらいに作ってみようかな、という感じです。
その時はブログタイトル無視して製作過程載せますよ!

HGUC ケンプファー ベースグレー塗装

近頃乾いてますねぇ。いや、私の人生がとかって自虐ネタじゃなくてね。
今日も結構な長時間塗装してたんですが、レギュレーターには水一滴たりとも付いてませんでしたよ。そういう意味では塗装に適した季節なんでしょうか。

まあそんなわけで。
やっとのことグラデーション塗装のベースとなるグレーを塗りました!
そしてまた今日もピンボケ写真です!!

うーん、一応真面目に撮影してるつもりなんですけどねぇ・・・
白ブロックの反射でピントが合いづらくなってるんでしょうか?
まあどのみちグレー一色なんでそんなに細部が写ってなくてもいいですけどね!(よくない)

一応写真でもわかるかと思いますが、先日書いたとおり結構暗めのグレーで塗りました。件のHGホワイトに適当にガイアの黒を混ぜて調色してます。
ちなみにグレーは一応二色ありまして、写真左端に写ってるバーニア他数点のパーツはさらに黒に近いグレーで塗ってます。写真じゃ分からないっすねー。

実のところ、暗いグレーはもっと黒に近い色で塗りたかったんですが、調色してる最中に黒が切れましてorz
ツールボックスに眠ってたつや消し黒とかも引っ張り出したんですが、こちらもほぼカラ。結局イメージした色で塗れませんでした。
とはいえ、下地としての色は望み通りではないんですが、仕上がりの色としてはかなりイメージに近いんですよねー。
うーん、このままで塗り完了としてしまうか悩むところです。
とりあえずは黒買ってきてから考えましょうかね。

さあ、大口径ブラシで適当に塗れるのはここまでです。
次回からは小さい方のエアブラシでグラデ塗装にチャレンジです!
どうなることやら・・・

ありがとう10000Hit!!

というわけで、いつの間にやらカウンタが10000を超えておりました。
まあ数値の怪しさについては5000Hitのときふれたので繰り返さないとして、これも偏に足を運んでくださる皆々様のおかげで御座います。まことに有り難いことであります。

で、今日の写真はというと。訪問者増加の原動力となったと思われる、サザビー大明神&とりまきは自分が気に入ってるキットです。
などと持ち上げてるわりには写真の写りが悪いのはご愛敬ってことで。私のショボ携帯カメラではこれが限界なのですorz

というかですね。
最近の更新頻度の低さ&内容の薄さを振り返ると、見に来てくださってる皆さんには正直申し訳ないなと。
まあそこは今後頑張るってことで平にご容赦を・・・

そんなこと書いたそばからなんですが、このところ個人的にプラモを作るのには厳しい季節になってきましたね。
細かい作業は指先がかじかむし、水研ぎはつらいし、塗装で通気よくすれば寒いし密閉して暖かくすればラリるし、と負の要素がいろいろあるわけですよ。

ああ、なんか話が散漫になってきました。
とりあえず当面はケンプファーの今月中の完成を目指して頑張ります。

・・・今月中って猶予見過ぎ?

HGUC ケンプファー バーニア内径塗装

この週末は3連休だったわけですが、結局あまり作業ができませんでした。
いや、ゲームとかではなくてですね。何故かPC(自作)のケースを換装する羽目になりまして。
おかげさまでマイPCはファン停止しても運用できるくらい冷却性がUPしました。つーかこれから寒くなるというのになんでこんなことしてるんだろうorz
というかですね、ケースの見栄えの悪いところを塗装したりと、こんなところでもエアブラシが大活躍でした。

のっけから話が逸れました。
そんなわけで、PCのついでにケンプファーの塗りもほんの少しですが進めました。
今回は各部のバーニアを黄色で塗ったんですが、黄色の発色を良くするために事前に下地としてまず白を塗ってます。
白は例のHGホワイトを使用しましたが、評判?通りなかなかの隠蔽力でした。これは今後も重宝しそうな予感です。量もたっぷりあるし、結果的にはいい買い物だったようです。

ちなみに写真で見てもわかるレベルで盛大に黄色がはみ出してますが、これは次の下地塗りで隠蔽できると見越しての適当塗りです。
うん、HGホワイトをベースにした下地ならきっと大丈夫。まあ大丈夫でなくともなんとかごまかしてみます。
そう、次は今回塗った黄色部分をマスキングしての塗装となるのですが・・・
取説の塗り分けを見る限り、結構細かくマスキングしなきゃいけないようで今から戦々恐々としています。
そこら辺は来週末に作業する予定です!ではまた次回。

HGホワイト他

平日はほぼ休眠状態の当ブログ、今日も作業は進んでませんすみません。
仕方がないので、もといちょっとした買い物をしたので今日はその話。

つい先日のことですが、品揃えのいい模型店に寄れたので以前記事中で言及した塗料「HGホワイト」を買ってきました。
デカいとは聞いてましたが、ホントに大きいですね、コレ。
写真で手前に写ってるのは一緒に買ってきたフィニッシャーズのクロームシルバーなんですが、それと比較していただければ巨大さがわかるかと思います。ちなみにフィニッシャーズのビンはクレオスアクリル塗料の大ビン程度のサイズです。
それと右はファウンデーションホワイトの大ビンですね。こっちも結構大きいハズなんですが、HGホワイトの前ではかすんでますね・・・

HGホワイトは早速ケンプファーの下地に使ってみたいと思います。黒と混ぜてグレーにして、ですけどね。

そうそう、「ちょっとした」というのはですね、お値段のことなんですね。
なななんと、この3点だけで3000円也ですよ。レジで言われてちょっと素で驚きました。
内訳はHGホワイトが1300円程度、Fホワイトが1000円強、クロームシルバーがほぼ600円と、足し算としては納得なんですけどね-。MG1個買えると考えるとちょっと、ねぇ。

まああれですね、腕がないので道具で勝負ってことですね!
ゆうても道具を活かす腕かなければ本末転倒以下略
 | 

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。