FC2ブログ

ちょー!ガンプラブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクションベース クリア 作成

今日はちょっと時間があったので、早速ゲルググの撮影をしようとしたんですが。
そこではたと気付きました。

せっかく買ったアクションベースクリアを作ってないじゃないか!

そんなわけでまずクリアベースを作りました。ベースはこれで2個目なのになぜか30分もかかったりして、相変わらず変なところで几帳面なのを再認識した、そんな月曜日。
というか、例の精密ナイフで大胆かつ流麗に(要するに雑)ゲート処理をしてたところ、また親指をざっくりやりました。うん、切れすぎて痛くない・・・わけねー(2回目)。
そんなわけで?ゲルググのギャラリーは明日以降になります。

そうそう、先日某ヨドバシ行ったらクリアベース普通に大量に売ってました。ネットで配送料払ってまで慌てて買う必要は全くなかったわけですね。泣いてないよ!

ちなみに今日だけ変にカウンター回ってるみたいですが、なんだろ?
どっかで晒されたりしたのかしら?詳細知ってる人居たら教えてプリーズ。
スポンサーサイト

HGUC サザビー 仮組み中

宣言どおり、早速サザビーの仮組み開始です。

まず本体部分をほぼ組みあげましたが、これは確かによさげですね。
可動も上々、プロポーションも・・・うーん、こちらはMGとかハイコンのマッシヴなイメージが強かったので、正直最初は違和感を覚えました。最初だけですけどね。まあこれはこれでありかと。
しかしまあデカいキットだこと。MGでも結構大型のゲルググと並べてもこの身長差ですよ。
F91とかの小型MGだと、余裕で超えてるんじゃないでしょうか。いうても比較対照が手元にないんで比べられないですけどね。

それにしてもこのキット、えらい組みやすいですよ。
仮組みなんであとでちゃんとバラせるように一応気をつかいながら組んだんですが、極力構造を単純化(いい意味で)しようとしてるのが良く分かりました。
合わせ目も基本的に段差モールドとかにしてあって、後ハメ加工なんかは全然必要ないっぽいし。そうそう、とりあえず本体部分で目消しが必要な部位はありませんでしたよ。
正直ちょっと感動しました。最近の新作HGって全然組んでないんですけど、みんなこんなもんなんですかね?
なんかもう、サザビーに限らずMGいらない気がしてきました。余計な内部フレームとかなくて組みやすいし、(MGに比べれば)安いし、クオリティも十分高いし。

なんてことをゲルググが面倒臭かった反動で思ってみたり。
あ、これからもMG作りますよ。積みがいっぱいあるしね。

MG カスペン専用ゲルググ 完成!

ついに完成、カスペン専用ゲルググです!

と言いつつ、写真がロボトミー手術中みたいになってますが。
だって頭開いてモノアイ見せないと、前回からどこが変わったかわからないんですもの。ちなみにモノアイの前のバイザーみたいなクリアパーツは付けないことにしました。なんか付けると色々写りこんで反射するし、何より自分のイメージと違ってたもので。
術後のちゃんとした写真はギャラリーの掲載をお待ちくださいね。

それにしてもこのゲルググ、自分的には異例の早さで仕上がりました。
まあそれでも2ヶ月近くはかかってるんですが、サフ&全身塗り替えしてウェザリング、果ては初のデカール自作までやってこの期間。革命的ですよ。しかも一時期はボールと平行作業してましたしね。

これだけ急いで作ったのも、カラバリでカスペンが出るんじゃないかと危惧してたからなんですが。なんだか5月だかにHGUC用のレジン製改造キット?が出ちゃってたみたいですねー。
まあいいや。それほど一般的な商品でもないみたいですしね。

次はギャラリー掲載報告で(ゲルググと)お会いしましょう。

HGUC サザビー 購入

出ましたねー、最新フォーマットでのサザビー。
もうね、人が息をするが如く当然のように買いましたよ。

ネットでは早くもレビューがあがっているようですが、高くて可動とプロポーションがイマイチなMGと違って上々の評判のようですね。
というか、私もそのMGを買った一人なんですけどね。しかもまだ塗装も始める前のことで、何も考えずに完全素組みで組んだものです。まあおかげで「高いキットがいいキットとは限らない」ってことを勉強できましたけどね!

さて、このところ買ったキットはとりあえず放置、というのが暗黙のルール?になってましたが、サザビーに関してはすぐに手をつけてみようと考えてます。ちょうどボールとゲルググも終わったことですしね。
さて、どんなふうに作りましょうか。

MG カスペン専用ゲルググ ほぼ完成

ふぅ。ついにここまで辿り着きました。
ドライブラシもこれまた上首尾で終了です。
残すはモノアイをHアイズにするのと、ライフルの照準のクリアパーツの塗りのみです。ええ、どっちも単に忘れてただけなんですけどね。

しかし、ドライブラシが思ったより時間かかりましたよ。
おヒゲのときはだいぶ簡単に済んだ覚えがあったので、今回もちょろいと思ってたのに・・・
まあそうなった理由はちょっと考えれば簡単にわかることなんですが。

おヒゲは表面積の80%が白(言い過ぎ)という潔癖さだったので、ドライブラシする箇所がそもそもえらい少なかったんですよね。それにひきかえ今回は外装全体にわたってのドライブラシ、しかも色の明るい、暗い箇所で色を替えてやりましたしね。
というか、そもそもドライブラシのやり方完璧に忘れてました。勘を取り戻すために犠牲になったパチ組みHGガンキャノンの両足は、決してもう元に戻ることはないのです・・・

ともあれ、次回はいよいよ完成記事を掲載できると思います。
ギャラリー?前向きに善処します。MGって可動範囲広いから撮影に時間かかるのよね・・・

MG カスペン専用ゲルググ デカール&トップコート終了

週末が雨降りじゃないと気分がいいですね。
何故なら塗装ができるから。

さあ、長かったカスペンゲルググ製作も、いよいよ本格的に終着点が見えてきました。
前回の状態から、まずマスキング部分の塗りは終わってました。市販のデカールを少々貼るのも週日のうちにやりました。
そして今日はトップコートです。

いやしかし、0.5mmのハンドピース買ってよかったわー。一時期は全然使わないんじゃないかと思ったけど、そんなこたありませんでした。
今日のトップコートもガイアノーツのフラットクリアーを0.5mmで吹いたんですけど。つや消し剤を適当に足して吹いたところ、これがだいぶいい感じに仕上がりましてね。
こんなクリアの大吹きなんて0.3mmじゃ多分無理。まあやってないだけでできるかも知れないけどね!試さぬが仏ってヤツです。

なんにしろ。今までは缶のトップコート使ってたんですが、これを脱却できたのが大きい。
だって缶って案外コストはかかるわ、思ったようにツヤ消しにならないわ、吹きすぎや湿度で簡単にカブるわで、自分的にはいい事なしなんですよ。吹くのに場所も要るしね。
今までは最後の足止めになりがちだったトップコートですが、今後は結構楽しい作業になりそうな予感。いや、ちゃんとツヤが消えてマットに仕上がってくのって見てて楽しいんすよ。最初だけ?

さて、ゲルググは残すところドライブラシのみ!
まあこれもおヒゲの時の実績があるから楽勝だね。
どうやら今週末中に完成できそうです。

MG カスペン専用ゲルググ 迷走中

ふぅ。とりあえず平日も少しなら作業できる状況まで落ち着いてきました。
まあ更新はしてないんですけどね。

さて、ゲルググの進行状況ですが。
とりあえず肩のパーソナルマークは下地白塗り作戦がうまくハマってくれまして、なんとか見れる程度には仕上がりました。
まあ近くで見ると若干粗い仕上がりなのが分かっちゃうんですが。そこはそれ、ダメージ表現ってことで!

つづいてジオンマークも一応貼ってみたんですが、やっぱり隠蔽する気がry
よろしい、ならばこちらも下地塗りだ!
つーわけで、写真のようにジオンマークと00の型抜き的にマスキングしてみたんですが・・・途中で重大なことに気付きました。

あれ?考えてみたら、これって別に「下地塗り→デカール貼り」しなくても最初っから黄色で塗ればよくね?

!!!11!
なんというコペルニクス以下略

MG ボール 完成&ギャラリー掲載

MGボール、ギャラリー掲載しました!
おヒマなら見てってくださいねー。

今回は写真の数が少なめなんですが、決して面倒くさかったとかそういうことじゃないんすよ。
いやだってこの子ね、ポージング?のバリエーションが全然思いつかないんです。そもそもポージングっていう概念がないんじゃないかと。腕とキャノン砲を上げるか下げるか、そのくらいしか選択肢がないんですな。
後半は自分なりにしっかり作ったんで、色々撮りたかったんですけどねー。
一応あんまりマンネリ化しない範疇でバリエーションは付けたつもりです。うん。

それはそうと、このキットは仮組み完了後の放置期間が最も長かった気がします。
まあ現在それを塗り替えるべくガンコレノイエを絶賛放置中なんですけどね!
ともあれ、やっつけのはずの未完キット仕上げがそこそこの出来になったので、自分的には結構満足だったりします。
次のカスペンゲルググより出来がいい予感がするのは言いっこなしですよ。

MG ボール トップコート

なんかボールの写真は毎度同じような構図ですね。
そしてなぜか塗装ブースの中なのも毎回のこと。

それはさておき(投げっぱ)、トップコート完了です!
実はコート自体は昨日(土曜)のうちにやってたんですけど、ちゃんと乾くのを待って掲載しました。だってかぶらないか心配だったんですもの・・・
結果はといえば、そこそこ良好でした!一部吹きすぎた部分が白い粉をふきましたが、いわゆるかぶり状態にはなりませんでしたよ。
うんうん、初のエアブラシトップコートとしては上出来です。

しかし、昨日今日と雨降りっぱなしの中でわざわざトップコートしたのにも意味があるのです。
今後、雨の日も安心して吹けるように、そんな願いが込められていたのです・・・

ってのはウソだけどな!
単に来週まで待つのがイヤだっただけですよと。

ちなみにボールはこれにて完成!
ギャラリーは近々掲載しますのでお楽しみに~。

MG カスペン専用ゲルググ デカール作成

正直すまんかった。

いやね、「隠蔽する気ない」発言についてなんですが。
そもそもインクジェットプリンタって、白印刷できないそうですね。まあ考えてみりゃ、白が色元素?0の状態で、インクジェットってそこに足してくだけの色しか持ってないもんね。白インクないもんね。
そーかー、どっかで見かけた「白デカールを印刷できるのはマイクロドライプリンタだけ」て記事はこのことだったんだなー。やっと理解した。

つーわけで、結局悪いのはデカールじゃなくて自分の知識のなさだったということです。江戸川より深く反省!

さてさて、そんなわけで対策を考えてたんですが。

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`)
     ノヽノヽ
       くく

て感じでひらめきました。
「下地が透けるなら下地を白にすればいいじゃない!」
なんというコペルニクス的転回、なんというアントワネット的発想・・・(違う)

そんなわけで下準備としてさっそくマスキングしてデカールと同じ領域をくりぬきましたよ。
まあ一部勢い余って下地を傷つけたりもしましたが、私は元気です。うん、問題ない範囲。

さあ、今度こそ上手く行くよ!

あ、ちなみに異常にテンション高いですけど別に酔ってないですよ。

MG カスペン専用ゲルググ デカール失敗

まずは写真をご覧いただきたい。
そしてご唱和いただきたい。

 こ れ は ひ ど い 。

いやまあね、インクが溶け出してるのは、それはコートが弱かったんでしょうよ。自分が悪いんでしょうね。

しかしそれ以上に!白いはずのガイコツ部分が!完全に背景色と同一ですよ!

なんつーか、「隠蔽力が弱い」とかそんなレベルじゃないよね、これ。もはや「隠蔽する気がない」レベルだと思います。
えー、もしかして透明じゃなくて白いデカールベースじゃなきゃダメ?
いや、買うのはいいんですよ?買うのは。
白いベースってことは、印刷したものフチにそってちまちまカットしなきゃいけないってことですよ!ああもう、ジオンマークとか考えるだけで気が遠くなりそうです。

うーん、道は困難を極めますなぁ。
もうこの際デカール抜きで「もどき」で済ますかな・・・ディテールもちゃんと直してないしなー。
悩む悩む。

MG ボール デカール貼り

今週も平日はさっぱり作業できませんでした。
だってマリカで全然COMに勝てないんですよ。ジャンプして谷の上空にいる時に稲妻食らうとか、狙い過ぎだっつー話ですよ。

ともあれ、今日はボールのデカールを貼りました。
迷った挙句、結局キット付属のドライデカールとシールに落ち着いたんですが。それでも最後までシールは貼るか迷ってたんですよ。だってシールって段差目立つじゃないですか。
けれどもドライデカールのみ貼り終わった状況を見て、結局シールも内装部分以外は全部貼りました。だって胴体ベタベタ貼ってあるのに腕に1個もマーキングないとか、マヌケすぎるでしょ?アクセントになってる白いマークも全部シールだし・・・

そんな経緯で写真のように仕上がったわけですが、なんかデザインナイフで丁寧に余白をカットしてあげたらシールもそんなに目立ちませんでした。うんうん、満足な出来ですよ。
って、忘れてましたが一部しくじったんですよねー。球体表面に直線なデカールを貼るのって難しいんですよ。いくつか変な曲がり方で貼ってしまいました。
ま、許容範囲ってことで。

それにしても今回のデカール作業は早かった。
先日のドムのように、自分で貼るもの、貼る場所を考えずに説明書どおり貼っただけ、というのもあるんですが、やっぱり水転写じゃないのが大きかったみたい。
水転写でやると、いつもシルバリングしないように過剰に気を使うんですよね・・・マークソフターも塗り過ぎないように気をつけなきゃいけないし。

さて、ボールはこれで残すところトップコートだけとなりました。
今回は(またゲルググの踏み台で)、瓶の水性つや消しを0.5mmのハンドピースで吹いてみようと思ってます。
どうなることやら・・・請うご期待?

MG カスペン専用ゲルググ デカール作成

ついに、今回のゲルググ作成で一番の障害と思われていたデカール作成です。
まあぶっちゃけ足とかバックパックのディテール修正もハードルだったんですが、そっちは全く手を付けずにスルーしましたので!

あーそうそう、前にデカールセット買ったときに1000円でシート1枚って書いたんですが、よく見てみたら3枚入ってました。うん、なんか急に得した気分になってきた。まあ実際にはry

閑話休題。
一番問題だと思われたカスペンのパーソナルマークですが、ネットでなんとか元にできそうな画像を拾えたので、慣れないGIMPで試行錯誤しながら編集、なんとか形にしました。
やっぱりデジタルはいいね!どんな致命的なミスがあっても「やり直し」が出来るのが素晴らしい!リアル塗装もやり直しが出来たらどんなにいいことか・・・
あとは「00」2枚とでっかいジオンマークも作りました。
「00」は実は若干というかだいぶフォントが違うんですが、あまり探さずに妥協してしまいました。
ジオンマークは普通のデカールが多数あるんですが、カスペンゲルググのシールドのマークは異常に大きいんですよね。なのでこちらもネットで拾ったのを適当に編集して印刷しました。

しかしまあ作成手順の多いこと。
まずは印刷シートにベーススプレーとかってのを吹いて、よく乾かしてから写真扱いで印刷、よくよく乾かしてからクリアコートを都度乾かしながら数回。クリアコートはもうなんか面倒なんで缶の光沢トップコートで代用しました。
はぁ、少々高くても普通に買えるデカールってやっぱりありがたいのね。

成果は写真のとおり、なかなかいいモノができましたよ!
しかしシートの注意書きで「隠蔽力が非常に弱い」などと断言してるのがとても気になります。
特に今回のキットは必要以上に塗装色が暗くなってるし・・・
さてさて、どうなることやら。

MG ボール 組み上がり

何故今日はやる気があったのか、わかりましたよ。
やっぱり終着点が視界に入ってくるとモチベーションがあがるんですよ。というかとっと終わらせたくなるんですよね。
でまあ、作業が雑になってやらかす、と。

写真的には昨日とあまり変わってませんが、本格的にボールを組み上げました。
塗装とかの邪魔になるので今まで組み込んでなかったリード線や鉄棒も組み込んで、組み立て段階としては完了状態となりました。

って!
トップコートまで鉄棒組み込むのやめようと思ってたの忘れてたorz
あー、まあ得意のマスキング(ウソ)でやり過ごせばいいかな。うん、然したる問題ではないよね。

さてさて、デカール貼るかは未だ悩み中です。
昨日書いたウォッシングとのからみもあるんですが、var.kaのボールの水転写デカールって出てないんですよね。08小隊ボールのならあるんだけど・・・
ドライデカールとどっちの方向で妥協するべきか。
やっぱり貼らないのが一番?

MG カスペン専用ゲルググ ウォッシング

珍しく今週末はプラモ作りのモチベーションが高いです。
いつもなら週末のうち1日だけ作業して、さも2日とも作業したようなタイミングで更新してるんですが(おい)、今週末は昨日も今日も作業してます。要するに他にやる事ないだけなんですがね。

さて、昨日の踏み台を生かして今日はゲルググのウォッシングです。
例によって写真だとわかりづらいですが、概ね問題なく終了です。ただねー、当然ながら塗装色より暗い色でウォッシングしたおかげで、ただでさえ濃い目だった色がさらに濃くなってしまいました。
うーん、まあ大丈夫かな。トップコートとドライブラシでもう少し全体のイメージも明るくなるだろうし。

MG ボール ウォッシング

きっとあなたは忘れてた。
そして私も忘れてた。
久々登場、MGボールです。

今回は初挑戦のテクニック、ウォッシングにチャレンジです。まあぶっちゃけゲルググの練習台なんですけどね。
結果は写真をご覧いただければおのずと・・・わかんねー。
まあ書いてしまうとなかなかいい感じの汚しができました。写真でわかりづらいのは派手に汚し過ぎてない証拠ってことで。
心配してたエナメル溶剤によるプラ侵食も特に問題ありませんでした。厳密には接着してあったところが一箇所分解してしまったんですが、また接着すれば済む話ですしね。

そういえばネットで見かけた情報で「ジッポのライターオイルでエナメル塗料を溶いてウォッシングに使うと、プラを侵食しないので安心」てのがありました。やってみたいけどなんでも臭気が強烈らしく、ちょっと腰が引けてたりします。

ともあれ、これでゲルググのウォッシングもちゃんとできる気がしてきましたよ。心配なのは、例によって調子に乗りすぎてプラ割れをやらかさないかってとこですが、そこはね!期待を裏切りますよ!いい意味で。

あー、そうだ。最後にボールの話に戻りますが、なんかデカール貼らないでいい気がしてきました。
いや、カトキものでデカール多いから面倒くさいとかでなく。汚した上からキレイなデカール貼るのもどうかなー、と。
うーん、どうしよう・・・

MG カスペン専用ゲルググ 塗装終了

ふぅ。ようやっとゲルググ塗装完了です。
最後に塗ったのは肩とヒザの白い帯、あとは先日書いた塗り残し部分です。ほかにも筆でちょちょいと塗装はげ部分の塗り直しもしましたよ。

白い帯はテープでマスキングして隠蔽力の高い白塗料で塗ったんですが、やっぱり順番逆のほうがよかったかも。まあちょっとはみ出ただけでちゃんと白く塗れたし、はみ出しも筆で修正したんですけど、皮膜に微妙な段差が出来てしまいまして。ま、許容範囲だとは思うんですけどね。

で、実はこのあとスモークグレーとかでエッジ部分にシャドー?のせようかと思ってたんですが、どうもウォッシングすれば十分見栄えしそうな予感がしてきたので(傷口を広げる前に)、止めておきました。
決して面倒臭くなったわけじゃないよ!

さあ、これであとはスミ入れを兼ねたウォッシング、デカール作成&貼り、トップコート、ドライブラシでフィニッシュです。
うーん、今週末中はさすがに無理かなー。

MG カスペン専用ゲルググ 組み上げ

前回で塗装も9割がた終了です。
残すは塗り忘れ部分とヒザと肩の白い帯だけとなったところで、とりあえず色味チェックもかねて組み上げてみたワケですが。
なかなかどうして、サマになってますねー。
あとは残りの工程で大ポカをやらかさないことを祈るばかり・・・

と言ってるそばから事件勃発。
外装パーツを組んだり外したりしてたらですね、パーツの角でこう、カリっとね。ええ、見事に塗装皮膜が剥げましたよ。
はぁ~、今までにも何回も同じことやらかしてるんだからいい加減学習しろと。自分に言いたい。

まあ塗り残しのついでに塗り直せるからいいんですけどねー。注意力が足らないのかなー。

MG カスペン専用ゲルググ 塗装中3

前回に続いて、薄いグレーも塗りましたよ。
実は土曜日にした作業だったんですけど、ちょっと更新するタイミングを逃しましてね。

ともあれ。幸いこっちは塗り残しはなかったんですが、仕上がりが思ったより濃い色になってしまいまして。
実は前回も書き忘れただけであっちも想像以上に濃い色に仕上がっちゃってるんですよね。まあある意味バランスは取れてるのかもしれませんが・・・
シールドに貼る予定の黒いデカールが見えなくならないか心配です。

そう言えば。今回は、というか前回の濃いグレーを塗ったときの話なんですが。
パーツが大きくて塗り面積も大きいので、最初は先日掲載した0.5mmのハンドピースで吹いてみたんですよ。そしたらこれが塗料がガリガリ減るわけですよ。
で、これは不味い足りなくなる、ってことで結局いつもの0.3mmで吹きましたとさ。
いや、別に事件とかはないんですけどね。
結論としては0.5mmはサフや調合してない単色ベタ塗りくらいでしか使わないかな、って話です。つーか考えてみりゃ当初の目的どおりなんで何の問題もないんだけどね!

MG カスペン専用ゲルググ 塗装中2

今日も今日とて塗装進行中~。すっかり週末ガンプラー(新語)の様相を呈しているわけですが。

今日は濃いほうのグレーをまず塗りましたよ。
ちなみにエッジを黒に近い色で塗っておいたのに、グレーを厚く塗りすぎて無意味になったのはキミと僕だけの秘密だ!
しかし今日は順調でしたよ。フチ塗りの件を除いてですけどね。
グレーはミッドナイトブルーを黒で少し暗くして、隠し味に緑と銀を少々。一応内部フレームのグレーとは違う色に仕上がってるんですが、写真じゃ分かりづらいっすね・・・
そうそう、塗料はいつも多めに作ったつもりでも足りなくなりそうで毎度ヒヤヒヤするんですが、今回は大量に作ったのでちゃんと余りましたよ。
これで塗り残しがあっても大丈夫!

って、えええええ!
スカートの真ん中が白い・・・

小さい別パーツなのですっかり見落としてました・・・
で、でも塗料ちゃんと余ってるし!悔しくなんかないんだから!(キャラ付け失敗)

アクションベース クリア

なんだか忙しい今日この頃、気付けば前回の更新からほぼ1週間。
いやもうマリカでネット対戦とかホント忙しい。というのは半分ウソ(半分は本当)で、本気で今月の週日は忙しそうです。つかもともと週末しか作業しないから関係ないっちゃ関係ないんだけどさ。
まあそんなわけで今日もこんなお茶にごし更新、もとい作業と関係ない更新しかできない状態です。

ともあれ、これは本当に以前から探していた物だったんですよ。
なぜならばこのクリアベース、撮影時に不透明のものより邪魔にならずに重宝しそうだからです。おヒゲの最後の写真とか見るともう有用性がまるっと分かりますよね!
しかしこれが再出荷を全然していないのか、リアル店舗では全く見かけなかったんですよ。で、先日夜中に某ヨドバシのネットショップで
「よーし、デンドロ3割引だったらお父さん買っちゃうぞー」
とかめでたいことをしてたら、たまたま発見しましてね。即ポチりですよ。というか送料が商品単価より高いのが悔しくて、さしたる意味もなく2個買ってみたり

まあね、2体並べて飾ったりすることもあるだろうしね!
無駄じゃない!無駄じゃないと言ってよry

MG カスペン専用ゲルググ 下半身フレーム組み

さてさて。
バーニアまわりが塗り終わったので、早速組み込んでみましたよ。

うん、携帯の写真で見る分には十分キレイですね。
いや、実物もそこそこですけど!ホントですよ!

それにしても、ゲルググってバーニア多いですね。
この下半身部分だけでも15発って・・・正直やりすぎな気もしますが、まあ高性能機って設定なんでこれもアリなんでしょうね。

そういえば。今日久しぶりに思い出したんですが、ボールがウォッシング待ちの状態で完全に放置してました。
ま、ゲルググがウォッシングにたどり着いたら一緒くたにやりましょうかね。というかゲルググの踏み台にしましょうかね。

さてさて、いつになることやら・・・

MG カスペン専用ゲルググ 塗装中

今日の埼玉は快晴でした。すなわち、絶好の塗装日和ですよ。

今何か間違ってる、と思えた人はまだ大丈夫です。
そうじゃない人は・・・お互い頑張りましょう。

閑話休題。
塗装はそこそこ順調に進行中です。先日書いた工程の1~4は消化済みです!
と言いたいところなんですが、エッジ塗りが1色しかやってない、てかむしろ色が薄すぎたのでもう一回塗りなおさなきゃならない状態だったり。
写真では薄いグレー部分にかろうじて濃淡差が見て取れると思いますが、これっぽっちじゃ上から塗ったら間違いなく見えなくなってしまいそうなもんで・・・

そうそう、今日も新スキルを習得しましたよ!
その名も「マスキングがテープとゾルを併用することでこんなにキレイに!」。長い。
今までマスキングはほとんどテープをちまちま貼ってやってて、ゾルはあまり使ったことなかったんですね。
ですが、今回表と裏地を塗り分けるにあたって、テープでのマスキングでは、1.手間がかかる、2.細かい所を処理する面倒さが尋常じゃない、ってことで限界を感じまして。てか2つ書いた割りにはあまり意味が変わらないような。
まあそんな経緯で道具箱に眠ってたマスキングゾルを引っ張り出して使ってみたんですが・・・

いいね!これ!
写真の下のパーツの緑の部分がゾルなんですが、端っこの細かい部分のマスキングがテープよりよほど簡単ですよ!ちなみにテープはパーツ中央の面積の大きい部分で使ってます。

これで今後の面倒臭い、もとい細かい塗り分け作業もスイスイですよ!多分。そうだといいな。
 | 

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。