FC2ブログ

ちょー!ガンプラブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MG カスペン専用ゲルググ 仮組み

ぶっちゃけ作業的には何も進んでないんですけどね。
なんとなく組み上げてみたので一応掲載しとこうかな、と。

さあ、この後は塗装一直線ですよ。工程は以下の予定!

1.バーニア外側とか塗り残しの銀部分
2.足のメッシュ構造部分を内装と同色で
3.エッジだけ濃い色で下地塗りx2色
4.スカートとか足外装の内側を暗い赤で
5.膝周りと肩先の白
6.全身のグレー薄いほう
7.全身のグレー濃いほう

・・・
すごく・・・面倒臭いです・・・
スポンサーサイト

サフ吹き用 0.5mm径ハンドピース

うーん、最近金銭感覚がマヒしてるような。
でも定価1万6千円のものが、ポイント還元分も差し引いたら1万程度で買えるとなったら安いと思うでしょ?

いや、そもそもはコストダウンのつもりでサフ用ハンドピースの購入を考えたんすよ。
発端は先日のゲルググのサフ吹きで、どうしたわけかクレオスの徳用缶を3つも消費してしまいまして。まあパーツごとに分割した状態かつ裏地も塗るからと両面丁寧に吹いたのが悪かったのはわかってるんですけどね。
とまれ、それだけで1500円ですよ。いくらゲルググが比較的表面積の大きいキットとは言え、これはいかんと。で、瓶のサーフェイサーをエアブラシで吹いたほうが安上がりじゃん!という結論に行き着いたわけですね。さらに調べると、どうもサフ用には径大き目のハンドピースを別に用意したほうが色々都合がらしいってことで、買うことにしたんです。長いよ。

そんなわけで。
まあそこそこの出費でしたが、10体くらいサフ吹きすれば元は取れる計算です。ハズです。気がするのです。
大吹きにも使えるし、いずれHGデンドロを作るときとかにも役に立つハズです!
後悔してないよ!

MG カスペン専用ゲルググ 一部塗り

写真だとなんやら分かりませんが。
銀 → ブースターの胴体?部分、間接部シャフト
暗赤 → ブースターノズル内側
を塗りました。
しかし慌ただしく作業したせいか、だいぶ適当な仕上がりに・・・

銀はスーパーシルバー単色で塗ったんですが、変なムラが出来てしまいました。時折エアブラシのカップの中で攪拌したほうがよかったみたいです。反省。
あとシャフト部は正直マスキングが適当過ぎました。まあほとんど外装パーツで見えなくなるハズなのでいいんですけどね・・・ ムラもしかり。

ノズルの内側は相変わらずエアブラシで上手く吹けません。
極力風量絞ったつもりなんですが、逆に糸引かないように塗料を薄くし過ぎたようで、吹き返しで最初は全然定着せずに困りましたわ。
最終的にはある程度塗れた&筆塗りで修正したからいいんですけどね・・・目立たない場所だし。

今日は妥協ばっかりですな。
ああ、こんなじゃいかん!!
モチベーションがストレートに出来栄えに跳ね返ることが最近分かってきたんですよ!(遅い)
頑張れ俺!!他にもっと頑張るべきことがある気もするが気にするな!

MG カスペン専用ゲルググ サフ吹き完了

うあー、しんど。
最近週末以外ほとんど作業できないので、時間ないのに半ば意地でサフ吹きやりとげるぞ!と作業を始めたんですけど。
結果はご覧の通り、ばっちり灰色に塗り固められたんですが・・・
いやもう時間と労力が予想以上にかかりました。もうこんな時間か・・・

そもそも昨日から今朝にかけて雨降ってたのがいけない!湿度高いときは塗りたくないんですよねー。まあ今日サフ塗ってる時点でも湿度90%とかあったんですけどね。

しかしここまでしっかりサフ吹いたキットは初めてですよ。今回は塗り替えなんで下地残しとくと場所によって色味変わったりしないか心配なんです。そういや前のシャアドムは塗り替えなのに全然下地塗りとかしませんでしたけどね・・・

というか。今まで色々キット作ってたクセに最近初めてチャレンジすることが多い気が。
まあ要は、今までいかに適当かつ同じような作り方してきたかってことなんでしょうね、きっと。

HGUC ザク2改

やっと出ました。0080の真の主役機ですよ。
まあ実は通販で注文してたのをすっかり忘れてまして、いきなり届いてビックリだったんですがね。

0080は昔から好きなんで、ちょっとパケと中身見ただけですげー作りたくなったわけですが・・・
ここはせめてゲルググが仕上がるまでは我慢我慢。

ああーしかし作るなら色々ダメージ表現とかしたいなー。
アレックスとも絡ませたいなー。HGアレックスはダメな子と聞いているのでスルーしてましたが、俄然欲しくなってきた!

こうしてまた積んでる箱が増えていくわけですね。

MG シャア専用ゲルググ ver2.0 内部フレーム塗装

週末の作業を今さらあげてるわけですが。
というか今週は平日全然作業できなそうなのでちょうどいい気も。よくない。

さてさて。やっとゲルググが塗装作業に移行しました。
まずは内部フレームから塗ってみたんですが、素材がABSの部分が多いので割れないように控えめに塗ったこと、成形色とほぼ同じどグレー(そんな言葉はありません)で塗ったことなどから、パッと見塗ってあるんだかないんだかわかりません。

ん?なんか前にもこんなこと書いた気が・・・

いや、一応ツヤというか質感というか、よく見れば塗ってあるのは分かるんですけどね。
ともあれ、これで完成まで行けば初の「内部フレームまで塗ったMG」になるはずです!
つーか外装パーツ付けたりはずしたりしてるうちにあちこち剥げそうな予感もしてるんですが・・・
クリアなりトップコートなり吹いちゃったほうがいいのかしら?

外装も週末には塗りたいとは思ってるんですが、ベースグレー吹いてからの予定なので、そうトントン拍子にはいかなそうな感触です。

まあ当面の問題はいつタイトルを「シャア専用」から「カスペン専用」に変えるかなんですけどね。
やっぱりグレーに塗ったタイミング?

PSPのパットを塗ってみた

最初に断っておきますと。
すいません、この記事ガンプラと全然関係ありません。まあちょっとしたお遊びってことで。

PSPの追加パットを先日買ったんですけれど、これが我が真紅のPSP(全然使ってない)とは相容れない真っ白だったわけですよ。
そこで!ちょっとエアブラシで塗ってみようかなと!
いやー、前からこういうプラモと関係ない無駄な塗りをやってみたかったんですよね。

で、結果は写真の通り。

あれ?なんか本体と色味が・・・全然違ぁぁぁぁう!
なんともしょんぼりな結果となりました。

それはそうと、どうも風邪を引いたらしく非常に体調が悪いです。
たかをくくって塗装作業をしていたらさらに悪くなるという悪寒スパイラル。
今日はゲルググもちょっと塗ったんで載せようと思ってたんですが、明日に回すことにします。

MG ボール 一部塗りなおし

「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」。
先人の言葉にはいつも真実があります。

いや、先日塗ったMGボールを一部塗り直したんですよ。
それというのも、アーム部分を本体よりちょっと濃いグレーで塗ったはずだったんですが、乾いてみたらあら不思議!全く本体と見分けが付かない色に落ち着いてしまった、と。そんな経緯です。
で、塗り直したら今度は濃くなり過ぎてしまったつー次第で。正直がっかりですよ。

とにかく、これでボールで残る作業はウォッシング、貼るかまだ決めてないけどデカール、トップコートだけです。
だけってほど少ない作業じゃないっすね、ふぅ。

しかしこのボール、アーム部分がリード線とか金属パイプがあって最後の最後まで本組み?できないんですよねー。
なので上の作業が全部終わるまで完成形は多分お見せできまん!あしからず。

MG シャア専用ゲルググ ver2.0 表面処理完了

本日の成果:水研ぎをラーニング!

ふぅ。やっと目消し含め表面処理が完了しました。
今回はパテ盛った部分を削るのに初めて「水研ぎ」なることをしてみたのですが・・・いいっすね!これ!
そうかー、いままで段差がうまくやすれなかったのは削りクズが邪魔してたんだなー。うん、どっかでそんなん読んだ気がするがすっかり忘れてた!
これならゲート処理をナイフとかで几帳面にやらなくても簡単にキレイにできるわ。
はっ!そうすると昨日買った精密ナイフの立場は・・・深く考えるのはやめましょう。

そんなわけで、最初はパテ&目消し部分だけ処理するハズだったのが、気づいたら外装パーツのゲートとヒケをほぼ全部磨きなおしてました。いやもう時間かかった。
しかし今回は半ば思いつきでやったこともあり、ヤスリを普段から愛用してるタイラー(持ち手のプラに紙ヤスリが貼り付けてあるもの)の600番を使ってたところ、終盤で破れてしまいましたよ。
次はちゃんと耐水ペーパー買って来てやりますよ!今回イカれたタイラーに両面テープで貼ってね。
ん?でも両面テープって耐水性あるのかしら?

次はいよいよ塗装に入りますよー。

精密ナイフと自作デカール

昨日の帰りに買ってきたモノですが・・・
「精密ナイフ」 2,000円也。
「自作デカール用シート」 1,000円也。
高い、高いよ!

このクソ高い精密ナイフを買った経緯はですね、前にどこかのサイトで「医療用のメスの切れ味が凄い、ゲート処理にいいよ」という記事を見て以来メスを探してたんですが見つからず、今回似てるこれを見かけたので買ってみた次第です。
しかし高いだけあって、切れ味はたいしたものです。
さっき取り回しをちょっとしくじって刃先が指をかすめたらスッと切れました。かなりナチュラルに。もうキレイに切れすぎて痛みを感じないくらい。
すんません、さすがにそれはウソです。普通に痛かった・・・
さておき、プラも心なしか今まで使ってたカッターやデザインナイフよりサクサク切れますよ!
いや、心なしかじゃなくてちゃんとです。

で、次はデカール用シートですが。
今作ってるゲルググをカスペン機にするのにパーソナルマークが必要なんですが、ウェブで作例を見る限りどうもデカール自作しか手がないみたいなんですよね。
ぶっちゃけ自作するか決断してないまま買ってみたわけですが、これも高かった。A4シート相当1枚で1,000円とか・・・どんな高級素材使ってるんすか。
まあ買った以上作ろうとは思ってるんですが、画像編集とか苦手なんですよね・・・
どっかにいい元ネタ画像転がってないですかねぇ。

そんなこんなでだいぶ無駄遣い感が漂ってますが、デンドロ買うよりはマシだよね!(まだ衝動去ってません)

1/400と1/550 その2

昨日に引き続き、今日はデンドロビウムの1/400ガンコレ(左)と1/550HGM(右)を並べてます。
やっぱりスケールの差が出ててガンコレ版の迫力が・・・ってコレどう見てもほぼ同じサイズなんですよねー。

最初はHGMより一回り大きいデンドロが作れる!と意気込んで買ったガンコレですが、組んでみたらなぜか同じサイズでとてもとても落胆した覚えがあります。確かに稼動とかは改良されてて悪いキットではないんですが・・・どっちにしろテンション上がらないので仮組みのまま絶賛放置継続中です。
まあ事前に情報収集しなかった自分が悪いっちゃ悪いんですけどねー。情報弱者には生き辛い時代です。

ちなみに後から調べたところ、もともとHGMが1/550にしては大きすぎたそうです。それこそ1/400に相当するくらい。
ってことが分かったところで、釈然としない気持ちってのはなかなか消えないものですが。

そんなこともあってか、最近HGUC版買っちゃってもいいんじゃないかと血迷い始めてます。
その迷いに拍車をかける出来事として、週末に母に「好きに買い物していいよ」と言ったところ豪快にHGUCデンドロとMG Ex-Sを定価で買ってもお釣りが来るくらいの買い物をされてしまいまして。なんかそれを考えたら3割引のデンドロなんて安いもんじゃね?みたいな感じで金銭感覚崩壊寸前になってるわけですよ。
同キットはサイズと値段を除けば各所で好評(サイズはむしろ好評?)みたいですし!なんかこう物欲が沸々とね!
ああ、早くあの店から3割引の在庫がなくなってくれないかしら・・・

1/400と1/550 その1

5月も中旬だというのに埼玉寒いんですけど。先ごろの冬眠状態からも分かる通り、寒いと作業する気が起きんのです。困った。

というのは建て前で、つい最近光回線に移行したもんでそちらでいろいろやってて作業してなかったりします。まあいろいろゆうても画像や動画の重いサイト見てただけみたいなもんですが。
何しろ今までは500k出れば僥倖という状態だったのが移行して75Mくらい出るようになったものでして。単純計算で約150倍ですよ。もはやワケがわからないくらいの速度向上具合です。

ちなみに上の関係でギャラリーの置き場所を前のプロバのスペースからフリーのに変えてます。今のところ問題ないみたいですが、規約読むとデータ置き場にしてると削除されそうな事書いてあったりしてちょっと不安だったり。

って、このままでは画像に触れずに終わりそうなので方向転換。
写真は見ての通りのノイエ・ジール。左が先日も記事にしたガンコレの1/400、右が前に作ったHGMの1/550ですね。スケールの差がよく出ててガンコレ版の迫力が結構いい感じです。まあ後発でディテールの追加や稼動の改良がされてるせいもあるんですが。スミ入れはほとんど進んでないんですけどね・・・

今日はここまで、その2に続きます!
正直人によってはオチが読めるんじゃないかと思われますが、そこは察してください。

しかし正直今日の記事のやっつけ感は我ながら凄いものが・・・

MG シャア専用ゲルググ ver2.0 目消し&表面処理

引き続き、いずれシャアゲルじゃなくなるシャアゲルです。

新しいキットとは言え、パーツが大きいだけあってヒケも目立ちました。なので珍しく表面処理などを。
まずは表面を600番程度でヤスリがけ、それでもヒケが消えないようならちょっとだけエポパテを盛りました。現在乾き待ちですよ。
しかしさすがに目消し箇所は少なくて、必須なのは肩の先っぽとビームライフル程度、迷うところでバーニアの根元くらいでした。一応全部消すつもりで接着しましたが、バーニアはキレイに処理するかはわかりません。ぶっちゃけ気分次第。

それにしても、これほど本体部分は稼動とか合わせ目とかに気を使ってるくせに、相変わらずビームライフルは最中割りの真っ二つ分割なんですよねー。いや、ゲルググはまだ筒部分が一体成型だからマシっちゃマシなんですが。
酷いのは旧キットからパクってきたバックパックですよ。理解しがたいところに合わせ目あるし、ディテール的に分割したほうがよさげなところも地続き成型だし・・・まあ古いキットだし仕方ないんですかね。

ともあれ、そんなわけで最低来週末までは乾き待ち放置です。

MG シャア専用ゲルググ ver2.0 仮組み中

今日も今日とてガンプラ製作。なんか最近休日の義務みたいなな感じになってますが。

さて、作りかけを減らすとか言っておきながらまた新しいのに手を付け始めました。
まあ先日の旧キットゲルググキャノンとセットっちゃセットなのである意味予定通りなんですが。

同じMGとは言えver1とver2を連続で組むとその進化をはっきりと感じることができますね。
外装パーツの分割の巧みさ、内部フレームの充実感、五指独立稼動可能、とどれをとっても段違い・・・に部品が多いっちゅーねん!!
なんかもうゲート処理してるだけで軽く精神的にやられそうです。
一応救いなのは妙にキットが大型なので(ホントにスケールあってるんですか、これ?)、部品も比較的大きいってことですかね。
とりあえず飽きて作業が雑にならないように気をつけます・・・

MG ∀ガンダム ギャラリー掲載

さてさて。
連休最後を飾るのは、おヒゲ様のギャラリーです!
どうぞ右のリンクからその雄姿をご覧になりやがってください。

今回はちょっと写真の枚数が多めになっております。
百式に比べて倍の枚数とか、ここでも思い入れの差が伺えますね。
まあ気持ち云々ももちろんあるんですが、やっぱりHGとMGだとポージングの幅が全然違うんですよね。しかも比較的初期のHGと100体記念のMGとじゃそりゃアンタ雲泥の差ってヤツですよ。
つーわけで、キットのジャケ写やら説明書やらアニメOPやらを参考に色々撮ってたら、結構な種類になってしまった、と。その分時間もかかりましたけど・・・

しかし、以前から汚しすぎた汚しすぎたと言ってましたが、写真で見ると案外サマになってますね。
うんうん、結果よければすべてよし!
これもホワイトドールのご加護ですかね。
ビバ手前味噌&自己満足!

HGUC 百式 完成&ギャラリー掲載

HGUC百式もこの連休で仕上げました!

しかしまあ、最後までグダグダのキットでしたよ・・・
やる気がないのがキットにも伝わるのか、最後の最後で額あてのパーツが割れたりとか、トップコート吹き過ぎて変な模様ついてしまったりとか。
まあ結局は自分が悪いんですけど!集中せずに作業するとロクなことになりませんね。

そうは言ってもせっかく完成させたのでギャラリーにも掲載しましたよ。
しかし写真の枚数からしてやる気のなさが滲み出て・・・いやいや、古いHGだからポージングの幅が狭いんですよ!仕方ないんですよ!
あとメッキ部分に人の顔らしきものが写りこんでますが、心霊現象とかではありませんのでご心配なく。写ってるのは撮影者=私です。ある意味霊より悪いかも。

ちなみに珍しく顔アップを右側から撮ってるのは、前述の額パーツ割れが左側だからです。
これなら見えないでしょ?

そのうちパーツ請求しようかな・・・

MG ゲルググキャノン 仮組み完了

今回のネタは旧MGゲルググのバリエーションキット「ゲルググ(キャノンコンパチ) ジョニー・ライデン機」です。
なんで今さら、と言われても仕方のないキットですが、これに手を出したのにはちゃんとワケがあるんですよ。
長くなるけどいいですか?

1.だいぶ前にシャア専用ゲルググver2.0が異常に安かったので買ってしまった。
2.そろそろシャアゲル作ろうかと思ったがそのまま作るのも面白くない。
3.先日CSで観たMS IGLOOのカスペン機かっこよかったな。よし、塗り替えよう!
4.調べたらカスペン機てB型でバックパック必要なのね。(シャアゲルにはない)
5.なんか代替利かないかと探したら旧ゲルジョニー機を発見、購入。
6.B型バックパック流用しちゃってもキャノンは作れるんだ、勿体無いし組もう。

てことで組み始めました。しかし説明長いな。
とは言え、たぶん仮組みから先はしばらくやらないと思います。
なぜなら前述のカスペン機を先に仕上げたいからです。だって、モタモタしてると普通にver2.0のバリエ機で出ちゃうかも知れないじゃないですか!

そんなわけで作りかけキットがまた一つ増えてしまいましたとさ。
しかしこのキット、色分け適当にも程があるだろ・・・

MG ボール 塗装完了

えーと、投稿時間だけ見ると一瞬で塗装が完了したかのような印象を受けるかもしれませんが、そんなことはありません。

ああ、でも料理番組みたいに「こちらに塗装が完了したものが用意してあります」とかできるととっても楽・・・いや、なんでもないです。

ともあれ、要は撮り溜めといた写真を連続投稿してるだけの話です。
まあ誰も気にしてない気もしますが。

本題。
基本的にはMGボール用カラーとしてセットで売ってる塗料で塗ってるので、色味は全然問題ないはずです。
ただ、今回はちょっとグラデーションにチャレンジしてみようと思いまして。玉部分のパーツのエッジ付近だけ暗めの下地塗装をしてから塗ってます。
しょぼいながらもそれなりに感じが出たと、個人的には小さな満足感を覚えていたのですが・・・私のちゃちい携帯カメラで撮った写真では全然わからないですね。

まあいずれギャラリーに掲載すれば結果をご覧いただけるかも知れません。
でもこのあとウォッシング→コート→ドライブラシと作業する予定ですので、完了した頃にはグラデーションとかどうでもいい感じにわやになってる可能性も否定できません。
請う?ご期待。

MG ボール 仮組み完了

突然ですがMGボール(ver.Ka)なのです。
タイトル「仮組み完了」としてますが、実は仮組みを終えたのはもう年単位前の話だったりします。前過ぎて正確にいつだったか覚えてない始末です。

で、前述の製作途中一掃の一環でコイツも仕上げようかと。
ぶっちゃけもうこのままでもいいかと若干思ったのはナイショです。

そんなわけで、塗装でバラす前に最後の記念撮影的なノリで掲載しました。
またいろいろやらかして見る影もなくなるかも知れないしね・・・

ちなみにめっさ逆光なのはあまり気にしないよーに。

請求パーツ到着

いやぁ、正直ビックリしました。
あのバンダイが連休中もちゃんと仕事をしてるなんて。

あー説明しますと、4/27の記事で書いたパーツ請求を翌日の月曜に出したんですが、なんと今日の昼には到着してしまって驚いた、っつー話です。
前に部品請求したときには3週間とか余裕でかかってたから今回もそうだと思ってた(=ヒゲはしばらく仕上げなくていいと思ってた)のに・・・いったい何があったのやら。
!!!
そう言えば以前Hi-νを作ってる時に

 足の軸を普通にはめる
  ↓
 動かず抜けずでねじ切れる
  ↓
 不良品じゃねーか( ゚Д゚)ゴルァ!!文つけて部品請求

ってなことがありまして。もしかしてそん時にクレーマー登録でもされたのかしら?
「コイツ面倒な客だから優先的に対応して!」みたいな。

ないよね?ね?
あまりうがった見方をせずに、バンダイがスピーディに対応してくれて喜ばしい、ということで〆ておきましょう。

ガンコレ ノイエ・ジール スミ入れ

最近自分の中で「作りかけ放置キットを一掃しよう」キャンペーンが実施中だったりします。
今日はその一環として、仮組みのまま1年近く放置していたガンコレのノイエ・ジールにスミ入れしてみました。

そもそも仮組みでストップしていた言い訳を理由を説明しますと、ガンコレはパーツが全てABSでしかも中途半端に塗ってあるという仕様のため、塗り足しするか?するなら塗料の種類は?等々悩んでいるうちにすっかり放置体勢に入ってしまったわけです。
今回は前述のキャンペーンにのっかって大英断、面倒なのでキットの持ち味を生かすべく塗らないことにしました。

そうなると次はスミ入れなんですが、ABSなのでまずエナメルはアウトかなと。考えた挙句、今回はシャーペンを試してみることにしました。
なぜシャーペンかと言うとですね、ちょっと前から「川○名人推薦」?などと銘打ってどう見てもただの0.3mmのシャーペンがスミ入れ専用てことで500円くらいで店で売ってまして、それが気になってたんですね。でも正直500円はバカらしいので文房具屋で150円くらいで似たようなシャーペンを買ってきました。説明長いな。

ともあれ、シャーペンでのスミ入れはなかなか快適です。線を引き損なってもコピックより簡単に消せるし、なによりインクの出が悪くなるとかないですからね。
だがしかし、ノイエのモールドの多いこと多いこと。30分くらい作業しましたが、全体の10の1も終わってない感じです。
しかも仮組みといいつつバラすつもりなしに組んでしまっているので、奥まった部分の作業はかなり困難な予感が・・・
まあそんなわけで前途多難ですが、今週末はちゃんと連休なのでそこで一気に仕上げてしまおうかと。

ん?外出?レジャー?
なにそれ?おいしいの?
 | 

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。