FC2ブログ

ちょー!ガンプラブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC ハイゴッグ ギャラリー掲載

01_20100804220316.jpgHGUCハイゴッグ、ギャラリー掲載しました。
右のリンクからご覧ください。

では手っ取り早く今回の総括などを。

プロポーションはキットそのままです。
いじった箇所はこの程度です。

・モノアイを可動化
・胸部?魚雷と腰部バルカンを市販パーツを差し替え
・股間にアクションベース接続用ポリキャップ追加

モノアイは可動化したといっても水平可動のみでV字可動ではないため、可動範囲は正直たいしたことありません。

塗装は以前雑誌で見た「サメ」作例を参考(雑誌が手元にない&記憶曖昧)に、独自に塗ってみました。
基本的には、ダークブルーグレー、ホワイト、ライトグレーの3色で塗り分けています。例外として、ミサイルユニット等の汎用装備だけはほぼ指定色にしました。

前回も書きましたが、一部クリアランス確保を怠ったために残念な塗装剥げが出来てしまいました。ですが本格的に対処するには結構労力が必要なので、暫定対処で妥協してしまいました。

以上、駆け足になってしまいましたが、今回はこんなところで。
次は何を作りましょうかね。
スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC ハイゴッグ 完成

100804_1747~01はい、そんなわけでハイゴッグ完成です!
どんなわけだよ。

前回の状態から、つや消しクリアを吹いてトップコート、乾燥後に最終的な組み上げその他を行いました。
今回は結構丁寧に後ハメ加工をしたおかげで組み上げ自体は楽だったんですが・・・なんだかんだでリタッチ箇所がそこそこ多くなりまして。

組んだ際の手際の悪さで擦る→剥げるというケースもあったんですが、何よりクリアランス確保をしてなかったせいで剥げた部分が多かったです。
仮組みした時は加工しなくても大丈夫かなー、と思ってたんですが、実際に塗って組んで動かすとやっぱり干渉するんですよね。

特に酷かったのが、ここは完全に自分の見落としと言っていい部分なんですが、足指?の可動部です。
この部位、巡航形態時に垂直にたたむんですが、もう干渉しまくりの塗装皮膜剥げまくりでしたorz
とりあえず平常時に見える部分は筆でリタッチ→つや消しクリアでリカバーしたんですが、巡航形態時にはやっぱり剥げた部分が見えてしまいます。というか、一度バラしてクリアランス確保しない限り塗ったところで剥げるので以下略

まあそこらへんは次回掲載予定のギャラリーで確認いただければと。

そういえば。今回は1ヶ月の休止を挟んで2ヶ月で完成したので、実質1ヶ月で製作したことになりますね。
私にしては中々のスピードでした!自己満足!

ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC ハイゴッグ スミ入れ完了

100803_1900~01来ました!
恒例、終盤の猛チャージです!

迷ったあげく、結局スミ入れは全般的にやりました。
とは言え、前回書いたような理由であまりハッキリしたスミ入れはしたくなかったので、あまり目立たない程度に留めました。色的な意味で。
あくまで元々パーツが持ってる陰影の補助という意味合いが大きいでしょうか。

最初はライトグレーで塗ったパーツに、塗装色よりちょっと濃いくらいのエナメルのグレーでスミ入れをしました。
ですが、その他の外装パーツ等はモールドが浅い、もしくはディテールが甘いものが多く、かつスジ彫りもしていないということで、エナメルでのスミ入れは面倒、もとい非効率ということで、そこから先は久しぶりに登場のコピックでスミ入れを行いました。
白部分には「ウォームグレイ」という茶系の薄いグレー、ブルーグレー部分には名前は忘れましたがもうちょい濃いグレーのコピックでスミ入れをしています。
前述の通りかなり控えめにしてあるので、パッと見ではスミが入っているのかはわからないくらいです。でもスミ入れ前よりは明らかに陰影が目立つようになっています。
あと、オレンジ部分やバーニア内の赤部分は黒のコピックでスミ入れしました。こちらはだいぶクッキリですが、これはこれで意図してこのように仕上げてます。

写真はスミ入れが終わって、仕上げのつや消しクリアを塗るべく持ち手に保持した状態です。
ああ、そういえば一部のパーツは重ね塗りした関係かやや梨地になっていたので、スミ入れの準備としてクリアを吹いておきました。
まあサメ塗装だけに「サメ肌」ってことでそのままでもよかったかもですけどね!(どや顔)

つまらない冗談はおいといて、いよいよ完成が見えてきましたよ!
ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC ハイゴッグ 塗装5 オレンジ他

100802_1957~01ちょっと間が開いてしまいました。
週末は作業をしている時間がなかったもので・・・

今回塗ったのは、主なところではミサイルユニットやジェットパックあたりのオレンジです。
サメをイメージして塗ってるのになんでオレンジ?という話もあるかも知れません。ですが、これらのオプションパーツは使い捨ての汎用装備だと考えると、わざわざカスタム機に合わせて塗らないだろうと。
そんな妄想を根拠にキット指定色にしました。

オレンジは最初は取説の説明通り(オレンジ9:白1)調色したのですが、どうもオレンジが強すぎたので、結局オレンジ5:白3:橙黄色2くらいで若干オレンジを弱めにしました。
ちなみに白帯もシールではなくファウンデーションホワイトで塗っています。
あと、ナンバリングは上と同じ理由(汎用装備)で付けないことにしました。シールの台紙がそのままマスキングに使えるので塗ること自体はそう難しくないんですけどね。

オレンジ以外には、写真にあるツメの付け根や下腕外側のパイプをライトグレーで塗ったりしています。
他にも細かいところを筆塗りしたりリタッチしたりと、塗装については今回でほぼ終われたと思います。

あとは仕上げ行程となっていくわけですが、今回はスミ入れをしようかどうか迷っています。
いやね、あんまりくっきりスミ入れをしてしまうとメカメカしい見栄えになってしまわないかと心配してるんですよ。
そうそう、デカールはどっちにしろ今回は貼る気はありません。

そんな迷いを残しつつ、ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC ハイゴッグ 塗装4 関節部ライトグレー

100725_2039~01梅雨もとうに明けて、塗装しやすい季節ですね!
って書きたかったんですがいきなり本日雨に見舞われました。

予定では今日中に塗装を終えようと思っていたのですが・・・
いやね、夕方から夜にかけて作業してたんですけれど、日が落ちてからは雷は鳴るわ雨は降るわで、仕方なく志半ばで切り上げました。だって塗装中に停電とかになったら嫌じゃないですか。

そんなわけで、今日は中途半端に関節部他をライトグレーで塗ったのみです。
実際はマスキングに思ったより時間がかかって、あまり塗る時間が取れなかったというのもあります。

塗料は概ね以下の配合です。
ファウンデーションホワイト:5
ガイアカラーニュートラルグレー2:3
ガイアインテリアカラー:2

本当はもう少し白寄りでもよかったんですが、外装の白との違いを明確にするためにグレー系を強めに入れてみました。
一応写真でも肩パーツとの比較でだいぶ灰色寄りになっているのが分かるかと思います。
ちなみにこの色で塗ったのは、胴体部、肩から腕にかけてのフレーム、足首、足の裏あたりです。
正直マスキングが上手くできなかったので心配ですが、まああとでリタッチすればなんとかなるでしょう。

しかし、今日オレンジとスミ入れ準備のクリアーが塗れていれば7月中の完成も見えた気がするのですが、正直少々厳しい気がしてきました。
まあ、焦らずゆっくりやるとしましょう。

ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

 | 次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。