FC2ブログ

ちょー!ガンプラブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC クシャトリヤ ギャラリー掲載

P2200014.jpgクシャトリヤ、ギャラリー掲載しました!
よろしかったら右のリンクから見てやってくださいまし。

ではいつもどおり、製作内容のまとめを書いておきましょうか。

例によってプロポーションは全然いじっていません。
パーツの差し替えなんかは拳をMGザクver2.0のものに取り替えたくらいです。これは手首が長すぎたので、組み上げの時に手本体とポールジョイントの間を切り落とし→再接着して短くしてあります。あとは市販バーニアの底をくりぬいたモノを袖パーツ?として足しています。

他には足裏のバーニアを削り落として市販バーツに置き換えたり、銀色に塗った市販マイナスモールドパーツを各所に貼り付けるくらいしかやってません。
パーツの先鋭化をやったのは、ツノとバインダーのエッジ、下腕外側のパーツ程度ですね。

塗装については書くと長くなりそうなので過去記事参照ってことで。
まあ要は金とか銀とはパールホワイトでキンキラに仕上げたつもりです。
パールホワイトは分かりにくいですけどね・・・

さて、ギャラリーの写真についても書いておきますと。
やたら素立ち系の写真が多いですが、やはりこれだけデカいバインダー背負ってても安定して立てるのはすごいと。そんな感動を表したかったのです。実際は気付いたら多くなってただけなんですけどね。

ちなみにファンネルをクリア棒に付けて撮ってる写真ですが、なんか思ったようなものになりませんでした・・・
本当は「行け!ファンネル!」的な勢いのあるのを撮りたかったんですけどねー。

そうそう、見て分かるかもですが、ビームガトリングガンはMGユニコーン用のものを持たせてます。
1/100なので本当はスケールが違うんですが、全然違和感なかったんで使ってみました。
設定上元々はクシャトリヤ用の装備ってこともあってか、結構似合ってると思うんですよ。

個人的に見て欲しいのは巡航形態?を正面から撮ってる写真でしょうか。
4枚のバインダーに違うデカールの貼り方をしてるんですが、それが確認できる唯一の写真だからです。

当然ながら、一緒に写ってるユニコーンは前回掲載したHCM Proのものです。
むしろこっちの可動の良さにビックリしたのは内緒です。

さあ、次回からは何を作りましょうかね。
そろそろユニコーンものから離れたいところでもありますが・・・
請うご期待!
スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC クシャトリヤ 完成!

100216_2113~01やりました!
HGUCクシャトリヤ、完成です!

前回のシナンジュから実に11ヶ月ぶりの完成品です。まあその間に半年以上の空白期間がありましたけど。
今回はHGUCとはいえ、約2ヶ月半と自分としてはそこそこ早く完成できた気がしています。
やっぱり製作後半になると完成像が早く見たいせいか、ピッチがあがりますね。

それにしても今回は組み上げ時のトラブルがだいぶ少なかったのが・・・って書きながら結構あったのを今思い出しました。さっきまでやってたことを忘れかけるとかどんだけ貧しい脳なんでしょうか。
まあ要は忘れかけるくらい軽微なトラブルだけだった、てことですよ!

その一、
セメントを使っていたらフタ(ハケ)とビンの間の輪状のスポンジ?がバインダーの上に落下しました。
いつの間にかフタの下にくっついてたらしく・・・しかも微妙にセメントが付着していて、塗装面の上に付いてしまいましたorz
幸いデカールの上とかではなかったので、乾くのを待って目の細かいペーパーでならしてフラットクリアーを上から軽く吹き直すことでなんとかごまかせました。

その二、
サブ・アームのパーツを一度はめかけてから無理矢理はずしたらパックリと割れてしまいました。それはもう見事に。
幸い?普段見えない部分ですし、瞬着でピッタリ着ければなんとかごまかせそうだったのでそのように。
でも近くで見ると割れ目の線が見えちゃうんですけどね。

主なトラブルはこんなところで、って今更結構大事だった気がしてきました。
まあどっちもなんとかごまかせたからいいんです。うん。

しかし今回は逆に組み上げ時に塗装剥げがほぼありませんでした。
運が良かったのか、クリアランス確保や後ハメのやり方がよかったのか、ともあれかなりの上首尾でした。
剥げたところもリタッチは簡単だったし、最後に上からフラットクリアー軽く吹き直しでサクッと作業完了ですよ。

さあ、次回はクシャトリヤ編ラスト、ギャラリー掲載となります。
さすがに週日はちょっと無理そうなので、更新は週末になるかと思います。

ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC クシャトリヤ トップコート完了

100214_1753~01今日はバンアレン帯のお誕生日でしたね。
ネタが古いですかそうですか。

それはさておき、今日も順調に作業は進みまして、ついにトップコート完了までたどり着きました!
あとは乾燥をまって組み上げるだけですね。いやー、楽しみですね、組み上げ。

ちなみに、トップコートはいつもどおりアクリルのフラットクリアーをエアブラシで吹いてます。
冬は寒いのが難点ですが、乾燥してるのでまずつや消し剤がかぶる心配がないのでいいですね。
なので今回は気楽にトップコートできました。まあ正直若干吹きすぎて白化しかけて焦ったんですけどが、結局乾いてきたら他と同じ感じに落ち着いてきたようなので一安心です。

そうそう、デカールのシルバリングもトップコートでかなりカバーできました。
最初はデカール対策としてフラットじゃなくて普通のクリアーを吹こうかとも思ったんですが、結局最初からフラットで若干厚めに吹くことで期待通りの結果となりました。

しかしエアブラシで吹いてるとホコリが気になります。
いつの間にか空気の流れにのって塗装面に細かな糸くずが着床してたりするんですよね。
実際バインダーあたりは今までの塗装で結構毛くずを巻き込んだままになってたりします。終盤クリアーの厚吹き+ペーパーで直そうかとも思ったんですが、クリアー吹いてもあまり平坦にできなかったので止めておきました。

あれですかね、服を着てるからホコリがたつというのなら、もう全裸で塗装するしかないんじゃないでしょうか。
しかしそれだと端から見たらただの変質者という諸刃の剣。しかもこの時期にやると確実に風邪をひく気がします。
なので暖かくなってからやることに・・・いや、やらないですよ、ホントに。

話が逸れましたが、おそらくクシャトリヤの記事も残すところ、完成→ギャラリー掲載の2回のみになるかと思われます。
最後までお付き合いよろしくお願いしますm(_ _)m

ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC クシャトリヤ デカール完了

100213_2307~01あー腰が痛い。
さすがに板間に煎餅みたいな座布団一枚で6時間座りっぱはキツかったです。
まあその甲斐あって、今日一日でデカールは貼り終わったんですけどね。

それにしても相変わらず写真の解像度が悪いですね。細かいところが見えやしない。
そこらへんはアレですかね。ギャラリーをお楽しみに、ってところでしょうか。

とりあえず、買ったデカールにはバインダーに貼ってある巨大なネオ・ジオンマークを含め、ほぼ一通り使いました。
写真じゃ細部が見えないので分かりにくいですが、ジオンマークとクシャの型式番号のデカールが結構多めに貼ってあります。正直ちょっとくどいぐらいです。
とはいえここで使い切らないと二度と使わない気もしたので、途中からくどいのを承知で半ばヤケになって貼ってましたが。

ちなみにこのデカール、金と銀で印字という触れ込み(だった気がする)でしたが、リアスカートに貼った金はともかく、他がどう見ても銀に見えません。白です。うーん、記憶違いかなぁ・・・
ともあれ、デカールの色味が違うのが目立つのがイヤだったので、他のデカールは赤を除いて使っていません。一応色々と細かいマークも付属していたので、概ね貼りたいように貼れました。正直ちょっと足りない感もありましたが、まあやりすぎてもアレなので控えておきました。
ああ、赤いデカールは白部分貼るためにユニコーンのものを流用しました。

あとは今回はちょっとシルバリング部分が残ってしまいました。というか修正できませんでした。
このデカール、昔自分で作った自作用のものみたいに分厚かったりせずに結構性能はいい(デカールに対してこの物言いはどうかと思いますが)んですが、逆にちょっとバンダイ製に較べて脆いようでして、あんまりマークセッターとかが多様できなかったんですよね。やりすぎるとデカールが壊れちゃうんですよ。
なので、一部のシルバリングは諦めました。トップコートでごまかせることに期待です。

しかし、こういう貼るべき場所が決まってないデカールは難しいですね。
最近作ったのがMGのユニコやらシナンジュだったわけですが、コイツらはデカールの数こそ多かれ、全部貼る場所が決まってましたからね。単純作業的な意味合いが強くてまだ楽なんですよ。いや、実際精神的にはキツイんですけど。
ともかく、バランスやら見栄えを考えながら貼るモノ、貼る場所をいちいち考えなきゃいけないので時間がかかるわけですよ。
しかも今回はデカールの予備もなく、基本一発勝負ですし、結構慎重に作業しなければならなかったので疲れましたorz

まあその割にはいきなり最初に1枚きりの金デカールを最初に貼ったりしてました。
要するに何も考えてなかったんですが、結果的に無事に貼り終わったので万々歳ですよ!

さーこれでいよいよ残すはトップコートと組み立てだけです。
あと苦労しそうなのは組み上げ時の細かいパーツの貼り付けぐらいなので、きっと余裕です。

しかし自分で言うのもなんですが、この終盤の根拠のない焦燥感、なにかシナンジュの時のそれを彷彿とさせるんですが・・・
このままの勢いだとその後の休止まで再現、いや、しないですよ。うん、多分大丈夫です

ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC クシャトリヤ スミ入れ完了

100212_2133~01祝日の昨日に更新せずに平日に更新という斜め上っぷりで意表をついてみましたがいかがでしょうか。
まあ単に昨日は記事を書いてる時間がなかっただけなんですけどね。

さてさて、クシャトリヤ製作もいよいよ終盤。
今回はスミ入れを一気に終わらせましたよ。
ご覧の通り特にバインダーはスミを入れる箇所が、って写真じゃ全然ラインが見えないですね・・・
バインダー1枚だけとかで接写すりゃよかったと思いつつ、撮り直すのも面倒なのでこのまま行こうと思います。

ともあれ、スミ入れは思ったよりは面倒じゃありませんでした。
事前にスジ彫りをやってあったのに加えて、今回は写真右端に写っている精密ナイフの活躍が大きかったり。
ナイフ自体は大分前に記事にしたときに買ったものですが、替え刃のうちで使ってないモノがあったのを思い出して確認したところ、写真のような曲がった刃がありましてね。これがなんと曲がった内側のほうに刃があるんですよね。
この角度だとナイフを持ってる手が固定しやすそう=スジ彫りしやすそうと思って使ってみたところ、期待通りの使いやすさで追加のスジ彫りがかなりスムーズに消化できました。

で、スミ入れの塗料は例によってエナメルを使ったわけですが、以下のようにパーツの色によって別の色を使いました。

濃い緑:黒
薄い緑:暗緑色
白(パール):ニュートラルグレー

ちなみに白いパーツには先日のエングレービングのついでにスミ入れをしていたんですけどね。
その際ダークグレーでスミ入れをしてあったんですが、なんか乾いてから見てみたら色が濃すぎて汚くなってしまってたんですよ。
なので、いったんシンナーで拭いてから薄い色でスミ入れをし直したというわけです。

あとはパーツの角の塗装が微妙に剥げてたりした部分があったので、一通りチェックし直して筆でリタッチもしておきました。

さ、次はいよいよデカールです。
衝動買いしてから数ヶ月間寝かせたお高いデカールが火を噴きますよ!(噴きません)

ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

 | 次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。