FC2ブログ

ちょー!ガンプラブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MG ウイングアーリー ギャラリー掲載

01.jpgウイングアーリー、ギャラリー掲載しました。
右のリンクからご覧ください。

今回のウイングアーリーは、パケ絵とかキット取説表紙のパステル調っぽい感じを目指して塗装しました。
とは言え、塗装手法は完全に思い付きです。

まずは全体をパールホワイトに塗ったわけですが、発色を良くするために全体に黒 → 銀の下地塗装を施しています。
で、白以外の部分にはクリアカラーを上からのせることで、パール調を残したまま各色を発色させようと目論みました。
結果から言えば、近づいてよくよく見れば下地のパールが見えなくもない、という微妙な仕上がりなりました。
仕上げのトップコートはつや消しです。これは光沢仕上げにすると派手になり過ぎるかと思っての選択ですが、最終的な見栄えはこの選択次第でもう少し変わってたかも知れませんね。まあ別に後悔はしてないんですが。
ちなみに関節部などのフレームは単純に取説のレシピ準拠で塗っただけす。

加工については今回は正直だいぶ手を抜いてます。
やったのはアンテナのシャープ化とライフル保持用の真ちゅう線を仕込んだくらいです。
このキット、目消し箇所が最近のMGでは考えられないくらいの数があるんですが、塗り分け、後ハメ化の困難さから最低限のほんの数ヶ所を目消ししただけに留まりました。
というか、これ全部を本当に目消ししてる人っているんでしょうか?
いや、まあ普通に居るんでしょうけれどね・・・少なくとも私には無理でした。

さて、ギャラリーに掲載した写真についてですが。今回は結構苦労しました。
というのも、キットが古いせいもあってアクションベースに普通には対応していないんですよね。
結局はランドセルと背中の隙間に保持パーツを差し込むことでなんとかしたんですが、何しろ不安定なのでどうしてもポージングに制限ができてしまいました。
加えて、股間の可動が比較的狭いとか、腕は可動自体はいいけれど突起部と肩や翼の干渉が出やすく自由度が低かったりと、こちらでも色々と制限が。
そんなわけであんまり思ったようなポージング、アングルで撮れませんでした。しかも気付いたら同じようなポーズで撮ってたりと、少々不本意な結果に。

そう、それとバードモードですが、例によって塗装剥げが怖いので見送りました。
まあ既に数ヶ所塗装が剥げたりしているので今さら感もありますが、進んで剥がすこともなかろうと。

最後に、今回一番心残りなのはツインアイですね。
シールを無くして塗装で済ませたのですが、裏にラピーテープを貼る等もしなかったので全然目立たない仕上がりになってしまいました。
今まで目力云々等と得意げに書いていただけに非常に残念なところです。

そんな感じで若干しまらない感もありますが、MGウイングアーリーは今回で終了ということで。
次は何を作りましょうかね。
スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

MG ウイングアーリー 完成

100604_2110~01「MG ウイングガンダム Ver.Ka」、通称ウイングアーリー、やっと完成です!

いやー、長かった。
途中完全にガンプラ製作から離れたり、別キットを間にはさんだりと、とにかく着手から完成まで時間がかかりました。まあ期間が長いというだけで、時間的にはそんなべらぼうにはかかっていないんですがね。

なんだかんだ言って今回も終盤は一気呵成に仕上げてしまいました。
前回の記事の後、平日も使ってデカール→クリアコート→組み上げと進めていきました。
やはり一番の手間はウイング部分のデカールでした。
ただ数が多いだけではなく、左右ウイングの表裏で計4回同じデカールを貼らなければならないのが少々苦痛でした。
まあ繰り返し貼ってるうちに作業がテンプレ化していったので段々楽にはなっていったのですが。で、いつもは慣れてきて漫然と作業しててミス、というのが通例なのですが、今回は特に大ポカもなく貼り終えることができました。

それに対して組み上げのほうは楽なもんでした。
何しろウイングと武器だけですので、特に塗装剥げを出すこともなく、無難に完了です。

しかしまあ、バスターライフルのでかいこと。
今回の写真では全景が写ってませんが、余裕で本体の全高を超える長さを誇ってます。
塗ってるときもでかいとは思ってたんですが、銃口と後方のパーツをちゃんと組んで、組み上げた本体に持たせると改めてその大きさが引き立ちますね。

今回は作業自体は少なかったので記事はこんなもので。
総括みたいなことは次回のギャラリー掲載時に書こうと思います。
ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

MGウイングアーリー 本体完成

100601_2302~01今日から6月ですね。
ということは間もなく梅雨、1年で最も塗装に適さない季節が近づいていると。考えるだけで憂鬱になってきます。

さて、本題。
えー、唐突ですが、完成しちゃいました。本体。
いやね、風邪で寝込んでる間に、何かをしたい、でも今身体を動かせば間違いなく更に悪化する、という葛藤の中でフラストレーションが溜まっていまして。
月曜火曜と少々時間があったので、そのはけ口をウイングアーリーに向けたら一気にここまできてしまったと。

写真では分かりづらいですが、デカールも全部貼ってありますし、つや消しクリアでのコートもしてあります。
部品が余ったりなんてしてませんよ!

まずは月曜のうちにデカールを全て貼ってしまいました。
表面にクリア層を作っていたおかげでシルバリングもほとんどなく、そういった意味ではかなりスムーズに進みました。
ただこのキットのデカール、ボディラインとかを無視して斜めに貼るものがほとんどで、かつそれらがパーツを跨がってシンクロというか同じ角度になってたりするわけですよ。
この点ではパーツを逐一仮組みしながら、かつ左右で違うことのないよう貼らなければならず、かなり面倒&気をつかいました。
それでも一部は微妙にずれたりしてしまったんですが。まあ破綻してるというほどでもないですし、及第点ということで。
結局全部貼るのには2時間以上の時間を要しました。

続いて火曜、つや消しクリアでのトップコートと組み上げを行いました。
当初はトップコートだけのつもりだったんですが・・・
塗装の対象は前述のデカールを貼った、武器類、翼を除く本体外装パーツ。ちなみにデカール不要のパーツや内装パーツはすでにトップコートまで完了しています。
上記のようにパーツ数自体はそれほど多くなかったため、2度塗りしても1時間程度でクリアコートは終わってしまいました。

本来なら今日はここまで、組み上げは明日以降の予定だったのですが、塗装完了1時間後くらいにパーツを確認したところ、結構しっかり乾いてるように見えたんですね。まあ2回塗りとは言え1回1回はかぶり防止のために薄塗りしましたし。
しかもフラットベース多めなのでちゃんとつや消しにはなってるしと、もう組んでも全然大丈夫な気がしてきまして。
で、辛抱たまらず組んでしまいました。

一部、度重なる重ね塗りで合いが悪くなっているパーツなどもあったんですが、まあそこら辺は適宜処理。
例によって微妙に剥げる塗装をものともせず、やっと本体完成と相成りました。

いやあ、それにしても長かった。
このキットの最初の記事が2008/12/07ですから、一年半越しでやっとという感じです。
てゆうかまだ終わってないですね。危なく満足してしまうところでした。
実際デカールはまだ半分くらい残ってますからね・・・翼に貼るデカールが異常に多いんですよねー。

まあ残りは比較的ゆっくり、週末までには完成させる感じでしょうかね。
ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

MG ウイングアーリー トップコート&組み上げ1

100530_2225~01いやー、まいりました。
久々に風邪はこじらせると辛いものだということを体感させられました。
詳細は書いてもしょうがないので割愛しますが、体調含め土曜まで全然作業が出来ない状態でした。

で、今回はデカール貼りをすっ飛ばして、トップコート→組み上げに入ってしまいました。
とは言っても、デカールを貼る必要のないパーツだけを対象としてのことです。
ああ、作業順序に特に深い意味はありません。単に体調&気分的にデカール貼りは無理かなーと思っただけです。

トップコートは予告?通りつや消しクリアを使用しています。
ガイアカラーのExつや消しクリアに、さらに少々のフラットベースを加えて強めのつや消しにしてみました。
今回の写真では詳細はわからないと思いますが、いずれギャラリーにて確認いただければと。

とりあえず、頭部はほぼ形になりました。腕と脚もどの部位かはっきり分かるレベルまでは来てます。
やっぱりこうして完成形が見えてくるとモチベーションが上がってきますね。
このモチベーションを保ってデカール貼りをとっとと完了させてしまいたいと思います!

ちなみに組み上げてる最中に例によって塗装が剥げたことを報告しておきます。
それによりちょっとばかしテンションが下がったのは内緒です。

ではまた次回。
結局5月中の完成は達成できませんでした・・・

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

MG ウイングアーリー 仕上げ2 白部分スミ入れ

100522_2251~01あれですね、体調が悪いときにシンナーの匂いってキツイですね。
ええ、実は風邪を引いてしまいまして。「夏風邪はバカが引く」と申しますが、いやちょっと意味違いますね。

ともあれ、どうにも調子が悪くてあまり作業が進みませんでした。
でも一応白いパーツのスミ入れは終わらせました。

当然の如くエナメル塗料でスミ入れしたのですが、いつも結構スミ入れでパーツを汚してしまうので、今回はちょっと工夫してみました。
ああ、汚してしまうというのはエナメル塗料を付けすぎて、シンナーでもキレイに拭き取れなくなることなんですがね。
その対策として、今回はエナメル塗料のクリアを使ってみました。てゆうかあったんですね、エナメルのクリア。
使った塗料は、クリア:クリアオレンジ:レッドブラウンを7:2:1くらいの比率で混ぜました。狙いは塗料を薄くすること。そうです、希釈濃度で薄くするのではなく、塗料の色の濃さ自体を極端に落としてみました。
で、実際この塗料を使ってスミ入れしたところ、汚れやすい白いパーツにもあまり被害を与えることなくスミ入れすることができました!

残る赤、青、黄のパーツですが、赤と青のパーツは、白を使って塗装色より明度の高い色でスミ入れしてみようと思います。今回は黒は使いたくないですし、かといって塗装色より濃い色というのはちょっと用意するのは難しいかなと。

そういえばリタッチ作業をすっかり忘れてました。
どこかの合間でやっておこうと思います。

ではまた次回。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

 | 次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。